千葉港葛南区に入港される方々へ

〜乗揚海難事故多発中!!〜

 

千葉港葛南区では乗揚海難事故が多発しています

千葉港葛南区に入港する船舶は、入港にかかる一般的な注意事項のほか、市川水路・船橋水路周辺海域

の水深状況、水路入口のブイについて確認されますようお願いいたします。

 

■ 千葉港葛南区入港の際は、最新の海図(W1088 千葉港葛南、JP1088 Chiba Ko Katsunan)を使用して下さい

■ 市川水路は、江戸川放水路の河口に位置しているため、河川流域で大量の降雨があった場合、土砂の流入

    により、浅くなる可能性があります。最新の水深情報の入手をお願いいたします

■ 水路の両脇には広大な水面が広がっており、航行できそうに感じますが、三番瀬を浚渫して可航域を作った

    構造の水路であるため、水路の直ぐ脇は1m未満の浅瀬となっており、水路から外れると乗揚げます

■ 水路の法面勾配が急なため、海潮流等の影響により崩れ、水路側端部が浅くなる可能性があります。

    乗揚げを避けるためには、水路から外れないよう、出来る限り水路の中央付近を航行する必要があります

■ 市川水路と船橋水路は接近しており、入口が判り難いので、それぞれの水路の入口を間違えないよう、

    入口のブイを海図で確認しておき、必ず入口のブイ※から入航して下さい

※     市川水路入口の1番ブイ、船橋水路と判別できるように、東方位標識(黒地に黄横帯1本。夜間:毎10秒に

        3急閃白光。)となっております。

 

 

 

情報提供用資料 日本語版(PDF)  英語版(PDF)