東京海上保安部

京浜港東京区のルール


  1 港の位置

  2 港 区

  3 びょう地
   ・総トン数500トン以上の船舶は、港長からびょう地の指定を受けなければなりません。
   ・びょう地の指定を受けた船舶は、指定されたびょう地に投びょうしなければなりません。
   (びょう地指定は、東京国際空港埋立地護岸より350m以内の海域を除く4区に指定しています)

  4 航 路
   ・京浜港東京区には、東京西航路と東京東航路が設定されています。(位置図

  5 航 法
   ・汽船等以外の船舶は、京浜港東京区に出入するときには、海難を避けようとする場合その他やむを得ない事由がある場合
    を除き、航路によらなければなりません。
   ・船舶は、航路内においては、次の場合を除いては、投びょうし、又は曳航している船舶を放してはなりません。
    (1)海難を避けようとするとき
    (2)運転の自由を失ったとき
    (3)人命又は急迫した危険のある船舶の救助に従事するとき
    (4)港長の許可を受けて工事又は作業に従事するとき
   ・港内を航行しようとする船舶は、昼間においては進路を表示する国際信号旗を掲げなければなりません(国際信号旗を備
    えていない船舶を除く)
   ・小型船及び汽船等以外の船舶(京浜港東京区では総トン数500トン以上の船舶)は、特定港内を航行するときは、
    国際信号旗1を掲げなければなりません。
   ・総トン数500トン以上の船舶は、あらかじめ港長の許可を受けた場合を除き、13号地その2東端から中央防波堤内側埋
    立地中央突端まで引いた線を超えて13号地その2南東側海面を西行してはなりません。(分岐水路西航禁止ライン

  6 港内交通管制
   ・東京西航路及び東京東航路を航行する船舶は、港長が交通整理のために行う信号に従わなければなりません。
    (1)信号所の位置
    (2)信号の意味(東京西航路東京東航路
    (3)航路入出航時間帯基準
    (4)航路航行予定時刻の通報
    (5)港内交通管制室からの情報提供

  7 その他
    (1)国際VHFの聴守
    (2)船舶動静の連絡
    (3)AISの適正利用