新たな制度による船舶交通ルール
<平成22年7月1日施行>

「港則法及び海上交通安全法の一部を改正する法律」が施行されました

(改正の経緯)
近年の海難の発生状況や船舶自動識別装置(AIS)の普及といった海上交通に係る環境の変化を踏まえ、船舶交通の安全の確保を図ることを目的として、
   ・海域の特性に応じた新たな航法の設定
   ・船舶の施行を援助するための措置の新設
等について定めた、「港則法及び海上交通安全法の一部を改正する法律」が平成21年7月に公布されました。
この法律により、海上交通ルールにおける新たな制度が誕生しました。この新たな制度は、平成22年7月1日から施行されましたので、関係者の皆様は制度の主旨・内容を十分にご理解下さい。

@港則法及び海上交通安全法の一部改正について(概要パンフレット)

A港則法及び海上交通安全法の一部改正について(詳細)
Information about Revised Navigation Rules(effective July 1,2010)
 − ENGLISH   CHINESE   KOREAN   RUSSIAN
  (A correction on the brochure (EN,CH,KO,RU))
 − Table of Input Codes to AIS

B第五管区海上保安本部パンフレット
 − 日本語版   英語版   中国語版   韓国語版

C
明石海峡航路北東方仮設灯浮標の設置について
(位置図はこちら)


D
阪神港長との意見交換会(質問と回答)

平成23年1月31日追記
E明石海峡航路北東方仮設灯浮標の撤去について

(Removal of Akashi-kaikyo Traffic Route North-east Temporary Lighted Buoy)

平成23年2月22日追記
F明石海峡航路北東方仮設灯浮標を撤去しました