異常な気象・海象時における対策措置


 次の各港では、大型の台風や津波等の異常な気象・海象時又は海難等が発生した場合には、港則法第37条第3項及び同法第37条第4項の規定により、浜田港長(浜田海上保安部長)が港内にある船舶等に対して、港内からの退去の命令や避難勧告等を行う場合があります。
対象港: 浜田港、久手港、仁万港、江津港、三隅港、益田港



1 各港における台風等対策基準及び措置

   台風の状況及び発令時期                 船 舶 等 の 措 置
 注
 意
 喚
 起
・浜田海上保安部管内海域が、台風に伴う強風域(風速15m/s)に入る12時間以上前の昼間。 (1) 荷役の進捗状況、入出港等を勘案のうえ、台風の接近に備えること。
(2) 通報連絡体制を強化すること。
 第
 一
 体
 制
・台風が浜田海上保安部管内海域に接近し、管内海域に影響を及ぼすと判断される場合。
・浜田港が台風に伴う強風域(風速15m/s)に入る6時間以上前。
(1) 台風情報に留意し、荷役の早期完了又は中止し、乗組員の待機、機関の準備、水先人・曳船等の手配など必要な避難準備を整えること。
(2) 工事作業中の船舶は、早急に作業を完了又は中止し、避難準備を整えること。
(3) 後刻、第2体制が勧告されたとき、港外に避難しようとする船舶は、原則として入港を見合わせること。
(4) 固有の乗組員のいないぎ装中、修理中又は非自航等の船舶は、その船舶を管理する事業所の責任において、係留強化等荒天準備を完了すること。
(5) 木材及び岸壁上の作業用資機材等の流出防止措置をとること。
(6) 第1体制発令は、自主的に第2体制に準じて避難することを妨げるものではない。
 第
 二
 体
 制
・台風が浜田海上保安部管内海域に接近する公算が極めて大きいと判断され、管内海域における船舶等が重大な影響を受けると判断される場合。
・浜田港が台風に伴う暴風域(風速25m/s)に入る6時間以上前。
(1) 在港中の大型船舶(500トン以上)は、できる限り港外の安全な海域に避難すること。
   そのまま在港する船舶は、係留強化等荒天準備を完了し、厳重な警戒態勢をとること。
(2) 小型船舶(大型船舶以外の船舶)、雑種船は河川、その他の安全な場所へ避難すること。

2 各港における津波対策基準及び措置

津波警報・注意報の種類、
津波の高さ及び警戒態勢
(勧告)の種類
津波来襲
までの時
間的余裕
          船 舶 の 対 応 工事・作業等
大型船、中型船(漁船を含む)       小型船
(プレジャーボート、小型漁船等)
港内着岸船 錨泊船、浮標係留船
(作業船を含む)
航行船
一般船舶
(作業船を含む)
危険物積載船舶 港内着岸船 航行船、錨泊船
第一警戒体制 津波注意報 1m 荷役・作業中止 係留避泊又は港外退避 荷役・作業中止 係留避泊又は港外退避 作業中止、港内避泊(場合によっては港外退避) 港外退避 陸揚固縛又は係留強化の後 陸上非難(場合によっては港外退避) 着岸の上陸揚げ固縛若しくは係留強化の後陸上避難又は港外退避 工事・作業の中止、資機材固縛、陸上避難
第二警戒体制 津波警報 3m 無し 荷役・作業中止 係留避泊 荷役・作業中止 係留避泊 作業中止、港内避泊 港内避泊 陸上避難 着岸後陸上避難又は港内避泊 工事・作業の中止、陸上避難
有り 荷役・作業中止 係留避泊又は港外退避 荷役・作業中止 港外退避 作業中止、港外退避 港外退避 陸揚固縛又は係留強化の後 陸上非難(場合によっては港外退避) 着岸の上陸揚げ固縛若しくは係留強化の後陸上避難又は港外退避 工事・作業の中止、資機材固縛、陸上避難
大津波警報 5m 10m 10m超 無し 荷役・作業中止 係留避泊又は陸上避難 荷役・作業中止 係留避泊又は陸上避難 作業中止、港内避泊 港内避泊 陸上避難 着岸後陸上避難又は港内避泊 工事・作業の中止、陸上避難
有り 荷役・作業中止 港外退避 荷役・作業中止 港外退避 作業中止、港外退避 港外退避 陸揚固縛又は係留強化の後 陸上非難(場合によっては港外退避) 着岸の上陸揚げ固縛若しくは係留強化の後陸上避難又は港外退避 工事・作業の中止、資機材固縛、陸上避難
 【用語の定義等】
  津波の来襲までの時間的余裕
    有 り : 大津波・津波警報が発せられた時点から避難に要する十分な時間(船舶を港外退避、陸揚げ固縛等の安全な状態に
          置くまで)がある場合
    無 し : 大津波・津波警報が発せられた時点から避難に要する十分な時間(船舶を港外退避、陸揚げ固縛等の安全な状態に
          置くまで)が無い場合
  大 型 船 : タグボート等の補助船、パイロットを必要とし単独での出港が困難な船舶をいう。
  中 型 船 : 大型船及び小型船以外の船舶をいう。
  小 型 船 : プレジャーボート、漁船等のうち、港内において陸揚げできる程度の船舶(造船所での陸揚げを含まない)をいう。
  陸上避難  : 船舶での避難は高い危険が予想されるので、乗組員等は陸上の高い場所に避難する。可能な限り船舶の流出防止、
          危険物の安全措置をとる。
  港外退避  : 港外の水深が深く、十分広い海域、沖合いに避難する(港外退避中に航行困難となった場合は港内避泊)。
  係留避泊  : 係留強化、機関の併用等により係留状態のまま津波に対抗する(陸上作業員等の緊急避難場所として乗船させる
          ことも考慮する)。
  陸揚げ固縛 : プレジャーボート、漁船等の小型船を陸揚げし、津波等により海上に流出しないよう固縛する。
  係留強化  : スプリング・ブレスト索を長くとる。係留索の増し取り・増し締め等の措置を行う。
        
 【注意事項】
   1 VHF装備船は、VHFを聴取すること(国際VHF16ch)。
   2 AIS搭載船は、常時AISを作動させ、適正な入力を行うこと。
   3 港外退避中の大型船、中型船は、小型船から支援の要請があった場合には、可能な範囲でこれに応じる。