許可標識・簡易標識

航路標識について

航路標識は、海上保安庁が設置する標識の他に、海上保安庁以外の者が自己の行う事業のために海上保安庁長官の許可を受けて設置する「許可標識」、許可標識の性能基準に満たない小規模な標識を「簡易標識」と呼び、分類しています。「許可標識」にするべきか「簡易標識」にするべきか、塗色、灯質についてどれを選定してよいかわからないなどの不明点があれば、まずは最寄の海上保安部交通課まで相談してください。

許可標識

海上の工事・作業区域・漁業施設・海上工作物など自己の行う事業のために設置する航路標識の規模や性能が、航路標識法に基づく運用基準に該当するときは、海上保安庁長官の許可を受ける必要があります。
許可申請には、次の書類が必要です。

  • 航路標識設置許可・管理申請書
  • 理由書
  • 航路標識の設置位置および付近の状況を示した図面
  • 航路標識を設置しようとする土地、水面及び建物についての使用権原を証する書類
  • 航路標識の全体を示した図面
  • 航路標識の機器の構成を示した図面
  • 告示要項書
  • 用品の調書

簡易標識

「簡易標識」は、光力が小さい等規模が小さいことから設置にあたり許可を必要とはしませんが、船舶運航者にとっては重要な航路標識となることから、「標識の塗色、灯色、光り方」など、目的に応じて適切に選定し設置、管理する必要があります。

  1. 「簡易標識」を設置しようとする方は、事前に最寄の保安部交通課にご相談ください
  2. 設置後、標識を正常な状態で管理できるよう予備品を備えるとともに、日常の点検、監視体制の確保に努めてください
  3. 設置届を提出してください(変更したときは変更届、廃止したときは廃止届)

簡易標識設置届に必要な書類は次のとおりです

  • 設置位置図
  • 設置場所の北緯・東経
  • 設置標識概観図
  • 機器の仕様