富山県の観天望気

観天望気とは

 気象情報は、テレビ・ラジオ・インターネット等で得ることができますが、漁師等の人たちは、昔からの経験で風や雲、その他の自然を観察して天気を予想することがあります。これを観天望気(かんてんぼうき)と呼んでおり、今でも立派に役立っています。  お時間がある方は、科学的な裏づけをとってみるのも面白いかもしれませんね。

各地域における観天望気

宇波地区 ・台風が日本に上陸して能登沖へ抜けた時は南風
氷見地区 ・北または北東の風が吹く時は虻が島が高く見え、西、南西または南の風が吹く時は虻が島が小さく見える
 
・立山連峰がすっきり見えた翌日は荒れる
新湊地区 ・北風の後に寄り回り波がくる
水橋地区 ・海水が黒色だったら風が強く吹く
 
・西の空に雷雲が現れたら、やがて突風が吹く
 
・夜、西の空に稲妻が見えたら、高波を伴う突風が吹く
 
・春先の南風は突風を伴うので要注意
 
・秋の夕焼けは天気が悪くなる兆し
 
・夕焼けの色が黄色に見えると天気が悪くなる兆し
 
・立山連峰の山が近くに見えたら、南風が吹く
滑川地区 ・波と波が短いときは西風が、長いときは北風が吹いている
 
・北〜北西の風が2,3日強く吹くと、2,3日後に大きなうねりの寄り回り波が打ち寄せる
 
・立山連峰の山が近くに見えたら、南風が吹く
 
・海水が透き通って見えたら南風が吹く
 
・夏、富山方面から佐渡沖の水平線に入道雲が巻き上がって見えるときは、必ず風が吹く
入善地区 ・朝方、山に朝焼けがかかってきたら風が吹く
 
・伏木方面の山がはっきり見えたら風が吹く
 
・沖合いに稲光が出たら海が時化る
 
・晴天なのに、伏木方面に急に黒い雲が出たときは時化る
宮崎地区 ・佐渡沖を入道雲が包むときは、一週間北東の風が吹く
 
・能登の山々がはっきり見えるときは、北東の風になる
 
・北西から西の方向に扇形の雲が出たら、明日は雨になる
 
・北西の風から西風が続いたときは、寄り回り波になりやすい
 
・生地付近で蜃気楼が現れたときは、天気が悪くなる