魚津・氷見・伏木富山港津波・台風対策協議会

津波・台風対策協議会について

この協議会は、魚津港、氷見港及び伏木富山港における津波及び台風並びに発達した低気圧接近時等における強風に対する船舶等の安全対策について、必要な事項を協議し、その実施を目的として設置されたもので、各港に関係する行政機関、団体及び企業等の代表者をもって構成されています。

津波の体制

区分 種類 発令基準
〔予想高さ〕
船舶の対応
大型船・中型船(漁船を含む) 小型船(プレジャーボート、小型漁船等)
港内着岸船 錨泊船・航行船 港内着岸船 錨泊船・航行船
警戒体制 津波
注意報
富山県に津波注意報が発表された場合

〔1m(0.2m≦予想高さ≦1m)〕
荷役・作業中止
港外退避又は係留避泊
港外退避 係留強化の後、陸上避難
(場合によっては港外退避)
港外退避
避難体制 津波
警報
富山県に津波警報が発表された場合

〔3m(1m<予想高さ≦3m)〕
荷役・作業中止
係留避泊
港外退避 陸上避難 港外退避
大津波警報 富山県に大津波警報が発表された場合

〔5m(3m<予想高さ≦5m)〕
〔10m(5m<予想高さ≦10m)〕
〔10m超(10m<予想高さ)〕
荷役・作業中止
係留避泊又は陸上避難
港外退避 陸上避難 港外退避

津波対応表用語
・大型船 :タグボート等の補助船、パイロットを必要とし単独での出港が困難な船舶をいう。
・中型船 :大型船及び小型船以外の船舶をいう。
・小型船 :プレジャーボート、漁船等のうち、港内において陸揚げできる程度の船舶(造船所での陸揚げは含まない)を
      いう。
・陸上避難:船舶での退避は高い危険が予想されるので、乗組員等は陸上の高い場所に避難する。可能な限り船舶の流出防止、
      危険物の安全措置をとる。
・港外退避:水深が深く、十分広い港外の海域に避難する。
・係留避泊:係留強化、機関の併用等により係留状態のまま津波に対抗する(陸上作業員等の緊急避難場所として乗船させる
      ことも考慮する)。

台風・低気圧の体制

区分 発令基準 船舶等のとる対策
注意喚起 【台風】
・台風が富山県に接近するおそれがあると判断されるとき、又は、台風の強風域が富山県にかかると予想されるとき
 
【低気圧】
・富山地方気象台から、富山県に「強風等に伴う防災気象情報」が発表され、かつ、富山県に「強風注意報又は風雪注意報」が発表されたとき
@気象情報の入手に努めること
 
A関係先との連絡手段を確保すること
 
B錨泊している船舶は、避難先、避難時期等の検討を行うこと
 
C総トン数20トン以下の船舶は、陸揚げ又は安全な場所への避難を検討すること
 
D工事作業船は、工事作業の中止、避難先等の検討を行い、資機材等の散乱防止対策をとること
警戒体制 【台風】
・台風の暴風域が富山県にかかると予想されるとき
 
【低気圧】
・富山地方気象台から、富山県に暴風警報又は暴風雪警報が発表されたとき
@気象情報の入手に努めること
 
A関係先との連絡手段を確保すること
 
B着岸中の船舶は、係留索の増強等の荒天準備を行うこと
 
C錨泊している船舶は、港外へ避難すること
 
D危険物積載船は、荷役を中止し出港できる体制を整えること
 
E総トン数20トン以下の船舶は、出港を自粛し陸揚げ又は安全な場所へ避難すること
 
F工事作業船は作業を中止し、安全な場所へ避難し係留強化を行い、資機材等の固縛状況を確認すること
避難体制 【台風】
・台風の暴風域が富山県にかかることが必至と判断されたとき
@港外避難を予定している船舶は、時機を失することなく出港すること
 
A港外に避難しない船舶は、係留状況の定期的な確認を行うなど、厳重な体制をとること
 
B危険物積載船は、時機を失することなく出港し、港外に避難すること

※台風の影響による警戒体制については、暴風域に入る12時間前を目安とする
※台風の影響による避難体制については、暴風域に入る6時間前を目安とする
※低気圧の影響による注意喚起及び警戒体制については、魚津港・氷見港・伏木富山港への影響を勘案し発出時期を決める

高波等の体制

区分 発令基準 船舶等のとる対策
注意喚起 【高波】
・低気圧が日本海北部を発達しながら通過後、日本の東海上で停滞し、北海道西方海上及び秋田沖に海上強風警報が発表されかつ、富山地方気象台から波浪注意報が発表された場合。
@気象情報の入手に努めること
 
A関係先との連絡手段を確保すること
 
B錨泊している船舶は、避難先、避難時期等の検討を行うこと
 
C総トン数20トン以下の船舶は、陸揚げ又は安全な場所への避難を検討すること
 
D工事作業船は、工事作業の中止、避難先等の検討を行い、資機材等の散乱防止対策をとること
警戒体制 【寄り周り】
・富山地方気象台から津波警報(寄り回り波)の発表があった場合。
@気象情報の入手に努めること
 
A関係先との連絡手段を確保すること
 
B着岸中の船舶は、係留索の増強等の荒天準備を行うこと
 
C錨泊している船舶は、港外へ避難すること
 
D危険物積載船は、荷役を中止し出港できる体制を整えること
 
E総トン数20トン以下の船舶は、出港を自粛し陸揚げ又は安全な場所へ避難すること
 
F工事作業船は作業を中止し、安全な場所へ避難し係留強化を行い、資機材等の固縛状況を確認すること