鹿児島湾神瀬付近における乗揚げ注意について〔平成28年2月18日〕

平成28年2月11日早朝に鹿児島湾神瀬にプレジャーボートが乗揚げるという事故が発生しました。主な原因としては自船が航行する海域についての調査不足(水深の把握が不十分など)であったことが確認されております。
神瀬付近では昨年9月にも釣場向け航行中のプレジャーボートが生簀のロープに乗揚げるという事故が発生しています。鹿児島湾内は全体に水深が深いと認識されていますが、神瀬のような瀬や川口・陸岸付近の浅瀬も多く、また、多数の養殖生簀が設置されていることから、このような乗揚げ事故を防ぐため、事前に航行海域の水路調査(地形、水深、航路標識の配置等)を十分に行って下さい。