潮干狩り・磯遊びの際の注意事項 - 気象・海象を事前にチェックしましたか? -
満潮と干潮の時間帯を把握し、天候の急な変化に気をつけましょう
・潮干狩りに出かける前に必ず当日の気象・海象を調べましょう。
↓風向・風速を知る http://www6.kaiho.mlit.go.jp/11kanku/kisyou/index.htm
気象情報をご利用の際の注意事項
☆気象データは毎時25分、55分に観測し、35分、5分ごろに更新します。
☆ご利用の際は、データの更新時間をご確認下さい。データ更新が行われていない場合はテレホンサービス(098-860-3177)をご利用下さい。
☆テレホンサービスによる気象情報の提供箇所は、国頭岬灯台、伊平屋島灯台、久米島灯台、池間島灯台、平久保埼灯台、西埼灯台の6箇所です。
☆提供している風向風速のデータは10分間の平均値です。
(第十一管区海上保安本部が提供している各地の灯台で観測した気象データです。)
沖縄地方の警報・注意報を知る(気象庁提供) http://www.jma.go.jp/jp/warn/111_table.html
・海の様子は急変することがあります。特に春のこの時期には気象の変化により、高波、高潮、急潮流等海象が悪化し、思わぬ事故に遭遇することがあります。
・当日の雲の動きや、風の強さ、波の高さに注意しましょう。波頭が白く濁ってきたら注意が必要です。
潮干狩りに適した時間帯は概ね2〜3時間です。潮が満ちてくる前に戻ることが肝心です。
・遠浅の海岸では潮潮干狩りに夢中になり、思ってもいないほど沖まで出てしまい帰る途中で潮が満ち深みにはまることがあります。
・お子さんをお連れの人は、必ず目の届く範囲に置き、目を離さないようにしましょう。
・潮が満ちてきているのに気付かずに潮干狩りをしている人たちがいたら声をかけてあげましょう。
潮干狩り・磯遊びに行くときは、満潮や干潮の把握に努めましょう。
沖縄県各地の潮汐 http://www1.kaiho.mlit.go.jp/KAN11/choseki/suisan/index.html
↓2008年イノーカレンダー 那覇における日中の干満潮時刻とおおよその潮位を色分けで掲載してます。
イノー(礁池)を歩く時の注意事項
☆強風、波・うねりが高いときは危険です。気象の変化に注意しましょう。
☆イノー歩きに夢中になっているうち、満ちた海に取り残されないよう気を付けましょう。
  潮が満ちてきているのに子供が気づかずに遊んでいたら、声をかけてあげましょう。
☆思わぬ所に深みがあるので、十分注意しましょう。
☆リーフカレントという沖への急な流れでリーフ外に流されないよう気を付けましょう。
☆リーフ外には強い流れがありますので、気を付けましょう。
☆ハブクラゲなどの危険な生物に注意!
☆立入禁止や、潮干狩り禁止場所には入らないで下さい。
☆「美しい海」を一人一人の力で守りましょう。
思わぬところに深みがあるので、十分注意しましょう。
・浅瀬であっても突然深くなっているところがありますので注意して歩きましょう。
・特にお子さんにとっては、大人から見て深みでなくても危険な場合がありますので十分注意し、目を離さないようにしましょう。
海にはさまざまな危険生物がいますので注意しましょう。
立入禁止や潮干狩り禁止場所には入らないで下さい。
美しい海をみんなで守り、未来に残しましょう。
大事な命を自分で守る-3つの基本−
海上保安庁では、大切な命を自分で守るため、そして、一人でも多くの人を救助できるよう、次の3つを基本とする「自己救命策確保」を推進しています

☆ライフジャケットを着用しましょう。

☆連絡手段(携帯電話等)を確保しましょう。

☆携帯電話で、直ちに救助要請を

☆118番を有効活用しましょう。
救助要請は118番に!!
←第十一管区海上保安本部HPへMICSトップページへ→