AIS搭載基準表
AISシステム概念
AISを適正に運用しましょう
AIS(Automatic Identification System):船舶自動識別装置 

AISの目的地に関する情報戻 る

 2002年7月1日に発効した、1974年の海上における人命の安全に関する条約(SOLAS74)
第X章で、AISの搭載義務船が次のように定められています。
 搭載義務船舶は
(1) 国際航海に従事する300総トン以上の全ての船舶
(2) 国際航海に従事する全ての旅客船
(3) 国際航海に従事しない500総トン以上の全ての船舶
となっています(第19規則)

 

定時放送の項目別割合

船舶自動識別装置(AIS)を搭載している船舶(船員法による作動義務が免除されている
船舶は除く。)は、AISの「目的地に関する情報」を、国際海事機関が推奨する方法に沿
ってルール化された入力方法に従って入力しなければなりません。
なお、AISへの誤入力は危険な状況を招く場合がありますので、正しく入力しましょう。

1 AIS運用の三原則
2 AISの目的
3 AISの目的地に関する情報
 AISシステムの概要及び当センターから発信している主なAIS情報
5 AIS装置搭載基準
6 当センターで是正指導したAISデータの項目別割合
7 AIS情報が入手できたことによる緊急回避の事例
AIS装置搭載基準戻 る
搭載義務期日
 当センターで是正指導したAISデータの項目別割合は次のとおりでした。(平成17年分)
 なかでも、目的地、ETA(到着予定時刻)が前港のままであるものや、航海状況が航行中
にも関らず表示が停泊中や漁労中
などといったものも多く見受けられましたので、航海者の
みなさんは、出港前にもう一度、AIS情報の確認をお願いします。
AISシステムの概要及び当センターから発信している主なAIS情報戻 る
臨時放送の項目別割合
定時放送の項目別割合
 AISメッセージでは、定期的に気象現況及び水島航路の管制信号の現況・予告を行って
おり、こませ網漁業の最盛期(3月〜5月)には、操業漁船の注意情報を、また航行制限
時や海難発生時には臨時の情報提供を行っています。

※ AISを活用した新たな気象情報の提供方法が平成20年6月1日から変更になりました。
   詳しくはこちらをご覧下さい

・船舶を識別すること。
・情報交換を簡素化すること。
・付加情報を提供し、衝突回避行為を援助すること。  
 などとなっており、AIS情報は正しく入力されたデータによって初めて、適切な利用が可能
となっていますので、正確に入力をお願いします。

2 出港前に、自船のAIS情報が正しく入力
  されているか確認する
  (目的地、航海状況、ETA等
本来備讃瀬戸南航路に入航するべき船舶が、備讃瀬戸北航路に入航しようとした事例
AISの目的戻 る
1 常に、電源をONにする
AIS運用の三原則戻 る
当センターで是正指導したAISデータの項目別割合 戻 る 
未更新データについて
AIS情報が入手できたことによる緊急回避の事例 戻 る
  平成17年12月下旬、深夜の備讃瀬戸北航路西口付近において、浅瀬等への乗揚げ、
他船との衝突の恐れのある事案が発生しましたが、当該船舶のAIS情報を入手できたこと
により、VHF無線などを用いて注意喚起を行い、海難を未然に防止することができました。
3 AIS受信メッセージを定期的に確認する