備讃瀬戸通航ガイド

用語の定義
  巨大船         ・
特別危険物積載船
  危険物積載船      ・
進路警戒船等
  長大物件えい航船等


航路における交通ルール
[1] 避航          [2] 航路航行義務
[3] 速力の制限       [4] 航路横断の制限
[5] 行先の表示       [6] 追い越しの場合の信号
[7] 航路の横断の方法    [8] 錨泊の禁止
[9] 通航分離        [10] 管制信号



航路通報等
[1] 航路通報及び変更通報  [2] 位置通報及び入航通報
[3] 航路外での待機の指示  [4] 情報の聴取義務
[5] 異常な気象・海象時における港内の安全対策
[6] その他の航行安全指導事項



水島港長への通報等
[1] 水島港内航路の事前通報
[2] AISを活用した新たな港内管制交通管制(要望通報)



用語の定義 戻 る

巨大船

長さ(全長)が200メートル以上の船舶

危険物積載船 @    80トン以上の火薬類を積載し300総トン以上の船舶
A    引火性液化ガスをばら積した1,000総トン以上の船舶
B    引火性液体類をばら積した1,000総トン以上の船舶
C    200トン以上の有機過酸化物を積載した300総トン以上の船舶
長大物件えい航船等 船舶、いかだその他の物件を引き、又は押して航行する船舶で、引き船の船首から当該物件の後端まで又は当該押し船の船尾から当該物件の先端までの距離が200メートル以上のもの
特別危険物積載船 総トン数5万トン(積載している危険物が液化ガスである場合は、総トン数2万5千トン)以上の危険物積載船
進路警戒船等 進路を警戒する船舶、消防設備を備えている船舶及び側方を警戒する船舶であって、海上保安庁告示による基準を満たしているもの




航路における交通ルール戻 る

[1] 避 航
戻 る

(1) 航路に出入し、又は航路を横断する船舶で漁ろう船等以外のものは、航路を航行している他船の進路を避けなければなりません。
(2) 航路に出入し、もしくは航路を横断する漁ろう船等または航路内で停留している船舶は、航路を航行している巨大船の進路を避けなければなりません。
(3) 巨大船を除く全ての船舶は、航路の交差部・接続部では、航路を航行している巨大船と衝突するおそれがあるときは、当該巨大船の進路を避けなければなりません。
(4) 水島航路を航行する船舶で巨大船及び漁ろう船等以外の船舶は、備讃瀬戸北航路を航行する船舶の進路を避けなければなりません。
(5) (1)(4)以外の場合は、海上衝突予防法の航法に従わなければなりません。

[2] 航路航行義務 戻 る

長さ50メートル以上の船舶は、航路がある場所では航路内をこれにそって航行しなければなりません。


(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します




[3] 速力の制限戻 る

水島航路の全区間と備讃瀬戸東航路、備讃瀬戸北・南航路の下図に示す区間では、船舶は12ノットを超える速力で航行してはいけません。

(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します

[4] 航路の横断の制限戻 る 

備讃瀬戸東航路の下図に示す区間において、
船舶は航路を横断する航行をしてはいけません。
(画像をクリックすると拡大します。)

クリックすると拡大します

[5] 行先の表示戻 る 

汽笛を備えている100総トン数以上の船舶は、航路に出入りしたり、航路を横断しようとするときは、次に示すような信号を行って自分の行先を表示しなければなりません。
また、船舶自動識別装置(AIS)を搭載している船舶(船員法による作動義務が免除されている船舶は除く。)は、AISの「目的地に関する情報」を、国際海事機関が推奨する方法に沿ってルール化された入力方法に従って入力しなければなりません。
なお、AISへの誤入力は危険な状況を招く場合がありますので、正しく入力しましょう。


(画像をクリックすると拡大します。) 
クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します クリックすると拡大します

[6] 追い越しの場合の信号
戻 る 

汽笛を備えている船舶は、航路で他の船舶を追い越そうとする場合は、汽笛を用いて次のような信号をしなければなりません。ただし、海上衝突予防法の規定による追越の信号を行うときは、この限りではありません。

()他の船舶の右げん側を航行しようとするときは長音1回に引き続く短音1回。
()左げん側を航行しようとするときは長音1回に引き続く短音2回をそれぞれ鳴らすこと。

[7] 航路の横断の方法
戻 る 

航路を横断する船舶は、航路に対してできる限り直角に近い角度で、すみやかに横断しなければなりません。


[8] 錨泊の禁止
戻 る

 
船舶は、航路では錨泊(錨泊している他の船舶に係留することも錨泊になります)をしてはいけません。

[9] 通航分離
戻 る 

(1)
備讃瀬戸東航路では、船舶は、航路の中央線から右側の部分を航行しなければなりません。
(2)宇高東航路は北の方向への、宇高西航路は南の方向への一方通航です。

(画像をクリックすると拡大します。)

クリックすると拡大します

(3)
   備讃瀬戸北航路は西の方向への、備讃瀬戸南航路は東の方向への一方通航です。
(4)   水島航路では、
@       船舶は、できる限り航路の中央から右側の部分を航行しなければなりません。
A       航路内で「巨大船」と行き会う他の船舶は、その進路を避けなければなりません。
B       航路内において「巨大船」と他の船舶とが行き会う際の危険を避けるため、長さ70メートル以上の船舶に対し、信号その他の方法により航路外で待機するよう指示します。
指示された船舶は、これに従わなければなりません。

(信号については、次項の「管制信号」を参照してください。)

(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します

[10] 管制信号戻 る

巨大船が水島航路及び水島港港内航路を航行する場合、下図に示す各信号所から管制信号を発します。(信号装置等が故障等の場合は、海上保安庁の船舶で実施します。)

(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します

西ノ埼管制信号所、三ツ子島管制信号所の行う管制信号
信号の方法
信 号 の 意 味
Nの文字の点滅
北航信号

水島航路を南の方向に航行しようとする長さ70メートル以上の船舶(巨大船を除く)は、航路外で待機しなければならないこと。

Sの文字の点滅
南航信号
水島航路を北の方向に航行しようとする長さ70メートル以上の船舶(巨大船を除く)は、航路外で待機しなければならないこと。

水島信号所の行う管制信号(港則法に基づく信号)
信号の方法
信 号 の 意 味
Iの文字の点滅
入航信号

入航船は入航することができること。長さ70メートル以上の出航船は、運航を停止して待たなければならないこと。長さ70メートル未満の出航船は、出航することができること。

Oの文字の点滅
出航信号
出航船は出航することができること。長さ70メートル以上の入航船は、航路外において、出航船の進路を避けて待たなければならないこと。長さ70メートル未満の入航船は、入航することができること。
Fの文字の点滅
自由信号
長さ200メートル以上の入航船は、航路外において、出航船の進路を避けて待たなければならないこと。長さ200メートル以上の出航船は、運航を停止して待たなければならないこと。長さ200メートル未満の入出航船は、入出航することができること。
Xの文字及びIの文字の交互点滅
入航予定信号
航路内において航行中の入出航船は、入出航することができること。航路外にある長さ70メートル以上の入出航船は、航路外において、航路内において航行中の入出航船の進路を避けて待たなければならないこと。航路外にある長さ70メートル未満の入出航船は、入出航することができること。信号がまもなく Iの文字の点滅に変わること。
Xの文字及びOの文字の交互点滅
出航予定信号
航路内において航行中の入出航船は、入出航することができること。航路外にある長さ70メートル以上の入出航船は、航路外において、航路内において航行中の入出航船の進路を避けて待たなければならないこと。航路外にある長さ70メートル未満の入出航船は、入出航することができること。信号がまもなくOの文字の点滅に変わること。
Xの文字及びFの文字の交互点滅
自由予定信号
航路内において航行中の入出航船は、入出航することができること。航路外にある長さ70メートル以上の入出航船は、航路外において、航路内において航行中の入出航船の進路を避けて待たなければならないこと。航路外にある長さ70メートル未満の入出航船は、入出航することができること。信号がまもなくFの文字の点滅に変わること。
Xの文字の点滅
禁止予定信号
航路内において航行中の入出航船は、入出航することができること。航路外にある入出航船は、航路外において、航路内において航行中の入出航船の進路を避けて待たなければならないこと。信号がまもなくXの文字の点灯に変わること。
Xの文字の点灯
禁止信号
港長の指示を受けた船舶以外の船舶は、入出航してはならないこと。

航路通報等
戻 る

[1] 航路通報及び変更通報
戻 る

(1)
備讃瀬戸をより安全に航行していただくため、次の船舶は備讃瀬戸海上交通センターへ航路通報を行ってください。
(2)なお、近年では、船舶の大型化が進んで航路内の混雑度が高まっているため、今まで以上に多くの船舶からの通報を求めて、入航間隔の調整等の安全対策を実施する必要があり、平成22年7月1日から、航路通報の対象船舶(航路への入航時刻等の指示の対象船舶)の範囲を次のとおり拡大(赤字部分)します。

航路通報対象船舶 航路通報の時期
@巨大船 航路入航予定日の前日正午まで
A長さ160m以上200m未満の船舶
B積載している危険物が液化ガスである総トン数2万5千トン以上の危険物積載船
C長大物件えい航船等
D水島航路を航行しようとする長さ70m以上160m未満の船舶 航路入航予定時刻の3時間前まで
E危険物積載船(@ABCを除く。)

(3)航路通報の通報項目及び通報の方法は次のとおりです。

航路通報の通報項目
通報の名あて(略語「ビサンセト」)
船舶の名称及び総トン数
船舶の長さ
最大喫水
積載している危険物の種類及び種類ごとの積載量(危険物積載船に限る)
引き船の船首から物件の後端まで又は押し船の船尾から物件の先端までの長さ及び物件の概要(物件えい航船等に限る)
仕向港(水島・坂出港入港船舶にあっては着桟バース、錨地名まで)
航行しようとする航路名・区間
航路入航予定日時(24時制)
10
航路出航予定日時(24時制)
11
呼出符号(信号符字)
12
海上保安庁との連絡方法(VHFの有無、船舶電話番号)
13
伝達者の氏名又は名称及び住所
14
仕出港(水島・坂出港出港船舶にあっては離桟バース、錨地名まで)
15
水先人の乗船の有無
16
その他必要な事項

   航路通報の通報方法

VHF電話
  (16CH/12CH)

呼出名称:
こうべほあん(
JGD
ひろしまほあん(JNE

加入電話

0877−49−2220 
0877−49−2221

FAX

0877−49−1413
0877−49−1156

書面

持参、郵送等

Sea-NACCS

詳細はこちらへ



※ 【各ほあん】を16CHで呼出し、 備讃瀬戸海上交通センターへの接続(12Ch)を依頼してください。

※ 航路通報を
FAXで通報する場合は、
  別紙様式例をご利用ください。
  ワード形式の様式例はこちらへ
  英語用様式(English Pattern)






[2] 位置通報及び入航通報
戻 る

(1)
船舶が備讃瀬戸海上交通センターのレーダー監視海域内を通航する場合、レーダー映像上で当該船舶を識別するため、 下図に示す最初の位置通報ラインに達した時に、備讃瀬戸海上交通センターへ次の事項を位置通報してください。
<通報事項> @船名 A通過時刻 B通過ラインの名称

(2)
また、備讃瀬戸東航路を西航する場合は、同航路東口に入航したときは、位置通報に準じて入航通報してください。

レーダーサービスエリアと位置通報ライン(1)(備讃瀬戸西部海域)

(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します

位置通報ラインの名称及び略称
名称 略称 位置
備讃瀬戸南航路西 SWライン 二面島灯台から180度に陸岸(粟島)まで引いた線
備讃瀬戸南航路南 SSライン 粟島矢倉鼻北端と沙弥島北端を結んだ線
水島北 MNライン 太濃地島三角点から75度に陸岸まで引いた線
水島西 MWライン 太濃地島三角点から180度2000mに陸岸まで引いた線
水島東 MEライン 西ノ埼管制信号所と櫃石島西端を結んだ線
備讃瀬戸東航路南 ESライン 小瀬居島三角点から90度に陸岸まで引いた線および同三角点から238度2860mの地点まで引いた線
宇高南 USライン 女木島三角点と串ノ山山頂を結んだ線
宇高北 UNライン 釜島北端と俎石灯標を結んだ線

レーダーサービスエリアと位置通報ライン(2)(備讃瀬戸東部海域)

(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します

位置通報ラインの名称及び略称
名称 略称 位置
備讃瀬戸東航路南 ESライン 小瀬居島三角点から90度に陸岸まで引いた線および同三角点から238度2860mの地点まで引いた線
宇高南 USライン 女木島三角点と串ノ山山頂を結んだ線
宇高北 UNライン 釜島北端と俎石灯標を結んだ線
井島水道 ENライン 直島角埼北東端と豊島礼田埼を結んだ線
高松北東 ETライン 男木島南端と大島北端を結んだ線
高松東 EYライン 大兜島北端と高島北端を結んだ線
備讃瀬戸東航路 EEライン 小豆島地蔵埼と大串崎を結んだ線

[3] 航路外での待機の指示 戻 る

備讃瀬戸に設定されている航路では、霧で見通しが悪くなるときなどに、航路内の船舶交通の安全を図るため、備讃瀬戸海上交通センターから船舶に対して航路の外で待機するよう指示する場合があります。
なお、待機の指示は、備讃瀬戸海上交通センターから、主として国際VHF無線電話により行いますが、場合によっては、船舶電話や信号等の方法でも行う場合があります。

視界制限時の基準及び対象船舶 その他
視程2000メートル以下の場合 視程1000メートル以下の場合
備讃瀬戸東航路
宇高東航路
宇高西航路
備讃瀬戸北航路
備讃瀬戸南航路
・巨大船
・特別危険物積載船
・長大物件えい航船等
・長さ160m以上200m未満の船舶
・危険物積載船(特別危険物積載船を除く。)
水島航路 ・巨大船
・特別危険物積載船
・長大物件えい航船等
・長さ160m以上200m未満の船舶
・危険物積載船(特別危険物積載船を除く。)
・長さ70m以上200m未満の船舶が巨大船との行会いが予想される場合

[4] 情報の聴取義務 戻 る

船舶の安全な航行を援助するための措置として、備讃瀬戸に設定された航路及び航路付近を航行する長さ50メートル以上の船舶は、海上保安庁が提供する情報を聴取し、自ら安全を確保して航行してください。
備讃瀬戸海上交通センターから、危険を防止するため必要なときは勧告を行うことがあります。また、勧告に基づいて講じた措置については報告をお願いすることがあります。
情報提供や勧告は、日本語又は英語で、主として国際VHF無線電話を用いて行います。ただし、場合によっては、船舶電話等の方法でも行う場合があります。
備讃瀬戸海上交通センターから提供する情報は次のとおりです。

@交通方法に関する情報
A交通の障害の発生に関する情報
B危険な海域に関する情報
C操縦性能が制限されている船舶の航行に関する情報
D著しく接近する他の特定船舶の動向に関する情報
Eその他航海に必要と思われる情報

(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します


[5] 異常な気象・海象時における港内の安全対策 戻 る

大型の台風等や津波等の異常な気象・海象時又は海難等が発生した場合には、港内にある船舶等に対して、港内からの退去の命令や非難の勧告等を行う場合があります。
(画像をクリックすると拡大します。)
クリックすると拡大します

[] その他の航行安全指導事項戻 る
(1)水先人の乗船
次に掲げる外国船舶は水先人を乗船させてください。
@       危険物積載船
A       瀬戸内海を初めて航行する船長が乗船する船舶

(2)      進路警戒船等の配備 航路出航後も安全な航行が確認されるまで、進路警戒船等を配備してください。

(3)       航路出入口付近海域における航法
@       航路に出入航する船舶は、航路出入口に近接した海域では変針しないでください。
A       航路出入口付近での横断を避け、迂回してください。

(4)      通航時間の制限
巨大船は、昼間に航路を航行してください。

(5)       緊急用えい索の準備
海上交通安全法に定める危険物積載船は、船首及び船尾にそれぞれ緊急用えい索(FIRE WIRE)を即時使用可能な状態に準備しておいてください。

(6)       備讃瀬戸海上交通センターとの連絡保持
VHF電話(CH16,156.8MHz)を有する船舶は、備讃瀬戸海上交通センターから情報を伝達することがあるので、航路入航3時間前から航路外に出るまでの間及び航路を出た後もレーダーサービスエリア内を航行している間は、VHF電話CH16の聴取を励行してください。


水島港長への通報等戻 る
[1] 水島港内航路の事前通報
戻 る

港則法第36条の3第2項の規定に基づき、船舶または、港内航路を航行して入航または出航しようとする管制船は、水島港長(備讃瀬戸海上交通センター経由)に事前通報が必要となります。
ただし、海上交通安全法第22条の規定による通報[巨大船等から水島航路航行に関する海上保安庁長官 (備讃瀬戸海上交通センター経由)あての通報]に併せて、当該船舶が停泊し、または停泊しようとする水島港の係留施設を通報したときは、この事前通報は必要ありません。

※管制船:管制信号が入航信号(I)又は(O)でのみ航路を航行できる一定以上の大きさ (全長200m以上)の船舶 
1. 信号符字
2. 船舶の名称
3.船舶の全長
4. 総トン数
5. 積載している危険物の種類(危険物積載船に限る。)
6. 係留施設
7. 離岸・着岸の別
8. 港内航路航行予定
9. 海上保安庁との連絡手段
10. 備考


【通報時期】
航路入航予定日の前日正午まで

【通報手段】
次のいずれかの手段により、備讃瀬戸海上交通センターあて通報してください。
◇電話:0877−49−2220又は0877−49−2221
◇FAX:0877−49−1413又は0877−49−1156
◇VHF:CH16呼び出し名称「びさんマーチス」

※ 事前通報をFAXで通報する場合は、別紙様式例をご利用ください。
  ワード形式の様式例はこちらへ

[2] AISを活用した新たな港内管制交通管制(要望通報) 戻 る
あらたな港内交通管制における管制対象船の通航は次の条件下で行います。

【共通事項】
管制対象船のAIS情報が、備讃瀬戸海上交通センターで正常に確認できていること。

【港内航路における管制船と管制対象船との行き会い管制】
1.管制船が油送船(注)でないこと。
2.管制対象船が入航する場合は、下津井瀬戸方面または、検疫錨地方面からの入航であること。
3.管制対象船の全長l【m】が次の条件式を満たすこと。
l≦800−3×L(L:管制船の全長【m】)
4.午前9時から日没までの時間帯であること。
5.風速10m/s以下、視程2000mを超え、かつ、潮流は1.5ノット以下であること。

【管制船が水島航路に入航する前に管制対象船を出航させる管制】
1.行き先が下津井瀬戸方面または検疫錨地方面であること。
2.視程2000mを超えていること。

(注)「油送船」とは、原油、液化石油ガスもしくは密閉式引火点測定器により測定した引火点摂氏23度未満の液体を
積載している船舶または、引火性もしくは爆発性の蒸気を発する物質を荷卸し後、ガス検定を行い火災もしくは爆発のお
それがないことを船長が確認していない船舶をいう。

※港長が危険と判断した場合は、上記条件を満たしていても通航が認められない場合がある。

【通報時間】
1.航路内における管制船と管制対象船との行き会い管制の場合
管制対象船が港内航路に入航する1時間前から20分前までの間
2.管制船が水島航路に入航する前に管制対象船を出航させる管制の場合
管制対象船が港内航路を出航する2時間前から30分前までの間

【通報手段】
次のいずれかの手段により、備讃瀬戸海上交通センターあて通報してください。
◇電話:0877−49−2220又は0877−49−2221
◇FAX:0877−49−1413又は0877−49−1156
◇VHF:CH16呼び出し名称「びさんマーチス」
※ 要望通報をFAXで通報する場合は、別紙様式例をご利用ください。
  エクセル形式の様式例はこちらへ

※管制船:管制信号が入航信号(I)又は(O)でのみ航路を航行できる一定以上の大きさ(200m以上)の船舶
管制対象船:管制船が航路を入出航する際に行き会いが制限(港長が認めた船舶を除く。)される
一定以上の大きさ(全長70m以上200m未満)の船舶