離岸流とは、海岸付近で局地的に沖に向かって流れている潮流です。
この離岸流に巻き込まれると、どんどん沖に流されて、非常に危険です。

水は波によって岸まで運ばれますが、同時に岸から沖合いに戻る流れもあります。
大きな波と大きな波の間にある小さな波のところに向かって岸から流れが発生し、これを一般的に
離岸流と称します。

1 発生しやすい場所
  波が海岸線に対して直角又はそれに近い角度で入る場所で遠浅の海岸

2 幅と速さ
  
幅は10〜30メートル、速さは最大で秒速2メートルくらいあり、この速さはオリンピック
  選手のスピードに匹敵しており、流れに逆らって岸に向かうことは、まず不可能です。

3 見分け方
  
陸に向かう波が周囲より小さく、海面がざわついている。
  
(比較的凪の日でないと判別が困難)

概念図

対処方法

5 管内の離岸流の状況
  浜田海上保安部管内(大田市〜益田市)で各地の関係者に聞き取り調査の結果、
  下図の
海岸において、離岸流・沿岸流が発生しやすいと言われています
  遊泳・サーフィン・手こぎボート釣りなどを行う方は離岸流の存在を認識してください  

三里ケ浜

田の浦

折居

国府

石見海浜公園

福光

櫛島

琴ケ浜

五十猛

鳥井

離岸流の説明

管内の離岸流の状況

4 離岸流に流された時の対処方法
  流れが速いので、それに逆らうことは著しく体力を消耗し、危険な状態となります
  離岸流の幅は狭いので、とにかく横(岸に平行)に向かい、離岸流から脱出することです

離岸流に流された時の対処方法

Counter

離岸流

向岸流

位置図

赤旗をクリックしてください

シーマーカーを使用
して離岸流を調査
(海洋情報部)

津田

波子

離岸流についての説明については、下の詳細へをクリックしてください。
            (第八管区海上保安本部海洋情報部HP)

黒松

もどるボタン