海の事故防止対策

海での事故から子供を守る

     平成28年、海上保安庁が認知したマリンレジャーに関する海浜事故者数は900人におよび、うち10歳代以下の死者・行方不明数は18人となっています。
     平成26年5月には、波打ち際で遊んでいた子供3名が高い波を受け流され、父親と付近で釣りをしていた男性が救助に向かいましたが、ともに流され5名が死亡する事故も発生しています。
     海での事故防止に関する情報をまとめていますので、どうぞご活用下さい。

 【海で安全に楽しむために】

     マリンレジャー中の事故発生状況や事故事例、海での注意事項などをまとめました。
    こちらのリンクからご覧ください。(PDF版 16ページ 920KB)

 【水難事故防止に関する関係機関の取組み】

    ※各機関のホームページに移動します
戻る