全国(海上保安庁)

緊急情報配信サービスの登録に関するお知らせ(2015/10/1)

 2015年10月1日から緊急情報配信サービスの登録サイトのセキュリティー強化のため、一部の携帯電話において緊急情報配信サービスの登録内容の変更ができなくなることがあります。緊急情報メールの受信、各情報へのアクセスは、今までどおり可能です。
 セキュリティー強化の内容は、緊急情報配信サービスの登録サイトで使用している暗号化通信プロトコルが、「SSLv3」から、「TLS」に変更されます。 TLSに対応している携帯電話機種は、docomoについては、i-mode ブラウザバージョン2 以降(概ね2009 年5 月以降の機種)が対応、au(KDDI)については、2012 年以降の機種が対応(ソフトウェアのアップデートにより全ての機種が対応可能)、SoftBank については、全ての機種が対応しています。
 緊急情報登録サイトへアクセスができなくなった携帯電話から登録内容の変更を行うためには、ご使用の携帯電話のソフトウェアを更新するか、機種の変更をする必要があります。 また、この他の緊急情報登録サイトへアクセスができなくなった携帯電話から登録内容の変更を行う方法は、変更をしたい端末からregist@ap.mics.kaiho.mlit.go.jpへ空メールを送信し、返信のあったメールを、TLSプロトコルに対応しているパソコンや携帯電話等に転送のうえ、転送先の端末から登録変更ページへアクセスすることで、登録内容の変更を行うことができます。
 各携帯電話における対応状況の詳細については、各携帯電話通信会社又は、各端末の製造メーカーに問い合わせをお願いします。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。