関門海峡における航法

 

1.事前通報について
 
 早鞆瀬戸水路を航行しようとする、総トン数1万トン(油送船にあっては3千トン)以上の船舶は、関門マーチスに事前通報を行ってください。

 
2.早鞆瀬戸水路における管制信号
 
 早鞆瀬戸では、電光文字表示による管制を行っています。なお、信号表示は、総トン数1万トン以上(油送船にあっては、3千トン)以上の船舶が早鞆瀬戸水路に入域する3海里前から同水路を出域するまで行われます。早鞆信号所においてHとTの文字の交互信号を行っているときは、総トン数1万トン以上の大型船又は、総トン数3千トン以上の油送船が行き会い調整のため速力を落とすことがあります。総トン数1万トン以上の大型船等が低速力の時は、操縦性能が非常に悪くなっていますので、無理な追越等をしないよう協力して下さい。

 
3.関門港(関門航路付近)における特定航法
 
@ 右側航行について
港則法施行規則第38条第1項」
ここをクリック→簡略図
 

 関門航路及び関門第二航路を航行する汽船は、できる限り、航路の右側を航行すること。(ただし、門司埼付近において、特定航法を行う総トン数100トン未満の汽船を除く。)
なお、大瀬戸付近を東行する船舶は、できる限り、導灯で示す進路を航行して下さい。
 

  A 田野浦区から関門航路に入航しようとする場合の航法「同第38条第1項第2号」ここをクリック→簡略図
 

 田野浦区から関門航路に入航しようとする汽船は、関門航路第32号灯浮標以東から入航すること。(門司埼灯台から関門航路第32号灯浮標にかけての海域は、航路進入禁止区域です。)
 

  B 早鞆瀬戸を航行する総トン数100トン未満の汽船「同第38条第1項第3号,第4号」ここをクリック→簡略図
 

 早鞆瀬戸を西行しようとする総トン数100トン未満の汽船は、@及びAの規定にかかわらず門司埼に近寄って航行することができます。その場合、できるだけ門司埼に近寄って航行し、他の船舶に行き会ったときは、「互いに右げん対右げん」で航過すること。
 同じく東航しようとする汽船は、その汽船を常に右舷に見て航過すること。
 

  C 早鞆瀬戸における速度の保持「同第38条第1項第5号」
   潮流をさかのぼり早鞆瀬戸を航行する汽船は、潮流の速度に4ノットを加えた速力以上の速度を保たなければなりません。自船の速力を良く知って、速やかに通過して下さい。強潮流等のため速度の保持が困難と予測される船舶に対しては、航路外での待機を要請または、勧告することがあります。また、門司埼付近では潮流等による影響のため、東行船西行船ともに下関側へ圧流される恐れがあります。
 
  D 関門航路と砂津航路,戸畑航路,若松航路及び関門第二航路(以下砂津航路等という)との避航関係同第38条第1項第7号
   砂津航路等航行船が関門航路航行船を避航
 
  E 関門第二航路と安瀬航路との避航関係第38条第1項第8号
   安瀬航路航行船が関門第二航路航行船を避航
 
  F 関門第二航路と若松航路との避航関係第38条第1項第9号
   若松航路航行船が関門第二航路航行船を避航
 
  G 戸畑航路と若松航路との避航関係第38条第1項第10号
   若松航路航行船が戸畑航路航行船を避航
 
  H 追い越し禁止「同第38条第2項」
   早鞆瀬戸水路では他の船舶を追い越してはなりません。
 
4.視界不良時の関門航路航行制限
  視界不良時には、関門港長が関門航路の航行の制限をかけることがあります。
  詳細についてはここをクリックして下さい。