関門海峡の潮流信号所

関門海峡・早鞆瀬戸の潮流の状況(流向・流速・流速の傾向)を電光板・日本語放送・テレホンサービスでお知らせしています。

T電光板による潮流信号

 1.電光板(火ノ山下・部埼・台場鼻の各潮流信号所)の表示の種類と意味

信号の種類   信号の意味  
 E  東流 ・玄界灘から周防灘の方へ流れる潮流
 W  西流 ・周防灘から玄海灘の方へ流れる潮流
 0〜13  流速 ・早鞆瀬戸における流速の速さを、
     四捨五入し表示する(単位:ノット)
 ↑  傾向 ・今後、流速が早くなる
 ↓  傾向 ・今後、流速が遅くなる  ▲火ノ山下潮流信号所(Wの西流れ表示中)

 2.表示の例

 W (暗)   8  (暗)  ↑  (暗)

※西流れで8ノット、流速は今後早くなる(電光板は、2秒間隔で点滅します)



U 無線放送による潮流信号

 早鞆瀬戸における、潮流の流向、流速及び流速の傾向を、日本語で放送しています。

 

V テレホンサービス


  電話083−222−8810(流速が変わった時に更新し、24時間利用出来ます)

『海上保安庁が、関門海峡早鞆瀬戸の潮流の状況をお知らせします。

ただいまは、東 (西) への流れで 0 (〜 13) ノット、流速は今後 速く (遅く) なります。』



  2回繰り返します。


W 潮流信号所の利用可能範囲

 潮流信号所の設置場所と有効利用範囲は、下図のとおりです。

 無線放送は、風師山の放送所から半径40kmの海上で、また、電光板による信号は、
それぞれの潮流信号所から約4kmの範囲内で利用できます。
 ただし、利用できる範囲は、気象状況などによって変わることがあります。



X 潮流信号の流速値

 流速値は、火ノ山下潮流信号所から225度460m先の海底に設置した

潮流測定装置の測定値を、最強流速箇所の流速に推算したものです。

 

 潮汐表に掲載されている潮流予測値は、月と太陽が地球に及ぼす各種の起潮力
により誘起される潮流値を推算した値であり、いわば長期予報的なものです。
しかし、時々刻々提供する潮流信号は実況値であり、これは上記起潮力の他に、
短期に変化する気象(風、気圧等)の影響を受けているため、潮汐表との間に差を
生じることがあります。


Y 関門海峡潮流信号所の歴史

 関門海峡は、日本で、最も潮流が速い海域の一つで、S時型に曲がって
行会い船も見えにくく、航海者には、大変な難所であるため、明治42年(1909年)
8月から、部埼と台場鼻に潮流信号所が設置されました。
早鞆瀬戸の潮流観測灯浮標を見て、昼間は長方形と円形の形象により、夜間は、
光色を変えて表示していました。
 現在の電光板方式は、昭和54年(1979年)から採用されました。火ノ山下を
追加し、かつ、電光板の見えない所にいる航海者のために、無線放送が追加
されました。

 

 この台場鼻潮流信号所(竹子島)に設置されていた腕木式信号機は、黒い
四角板が、上70度の場合は東流中央期、上30度は東流初又は末期、赤い
丸板が上70度の場合は西流中央期、上30度は西流初又は末期を表してい
ました。
 なお、夜間は、灯台の閃光の間隔、色によって表していました。