神戸海上保安部 MICS情報総合ページ 〜海の安全に関する情報〜
KOBE Coast Guard Office Maritime Information and Communication System
                                              トップページ海の安全に関する情報 > ライブカメラ
各保安部のMICS(海の安全に関する情報)ページ
大阪保安監部姫路保安部和歌山保安部田辺保安部徳島保安部高知保安部大阪湾海上交通センター
神戸海上保安部トップページ 海の安全に関する情報 サイトマップ ご質問・ご要望
ライブカメラ 〜神戸中央航路の様子〜

(お知らせ)
当庁が提供しているライブカメラの映像を「Java用ビューワ」でご覧になる場合は、ご自分の PCにインストールされているSun Microsystems社Java Plug-inのバージョンが Sun JRE 1.6であることを確認してください。
Sun JRE1.4及び 1.5は動作環境としておりません。
また、Sun Microsystems 社(Oracle社へリンク)のホームページにおいて、 Sun JRE 1.6.0_19及びそれ以前のバージョンの脆弱性が公表されております。詳細については以下にてご確認いただき、最新のバージョンに更新のうえ、当庁のライブカメラをご利用下さい。
<参考情報>
・アップデートリリースノート
http://java.sun.com/javase/ja/6/webnotes/6u20.html
・ Oracle 社による情報ページ(英語)
http://www.oracle.com/technology/deploy/security/critical-pa
tch-updates/cpuapr2010.html
http://www.oracle.com/technology/deploy/security/critical-pa
tch-updates/public_vuln_to_advisory_ mapping.html

神戸第2信号所(ポートアイランド)にあるライブカメラを操作して神戸中央航路の様子をご覧になれます。
※windowsXPご利用で、画像がご覧いただけない場合、Java VMをダウンロードして下さい。
[利用方法]

・「コントロール開始」ボタンを押すと、カメラを コントロール出来ます。
           
・ ただし、他の方が「コントロール権」を有している場合は、コントロールできません。
    
・ このような場合は、少し時間をおいて再度 「コントロール開始」ボタンを押して下さい。
 
・ あなたがコントロールできる時間は、2分間です。
                      
・ 一番右側のバーはズーム、その内側のバー は垂直方向の移動、画面下にあるバーは水平方向の移動です。

・ 使用しています回線の通信速度の関係から、操作に対しカメラが反応するのに時間差があります。

戻る
アクセスカウンター
Counter