...港則法に基づく主な許可・届について

工事又は作業許可

 特定港(高知港)内又は特定港の境界付近で工事又は作業をしようとするときは、高知港長の
許可が必要となります。      
 また、特定港以外の港内(甲浦、室戸岬、室津、奈半利、宇佐、須崎、久礼、上ノ加江、佐賀、       上川口、下田、清水、片島の各港)又は特定港の境界付近で工事等をしようとするときは、高知
海上保安部長の許可が必要となります。

行事許可

 特定港内(高知港)で海上パレード、ボート競技、海上デモ等の行事をしようとするときは、高知
港長許可が必要となります。

危険物積載船舶停泊場所指定

  特定港(高知港)に危険物積載船舶が停泊、又は停留しようとするときは、高知港長から停泊
等の場所の指定を受ける必要があります。

危険物荷役・運搬許可

  特定港内(高知港)において、危険物の積込、積替、又は荷卸しをするとき及び特定港内又は
特定港の境界付近において危険物を運搬しようとするときは、高知港長の許可が必要となります。

入出港届

  特定港(高知港)に入港又は出港しようとする船舶(総トン数20トン以上、航行区域が沿海
区域以上)の船長は高知港長に届け出なければなりません。(船主又は代理店等が船長の
代理人として届出しても差し支えありません。)
  なお、シングルウインドウ又はFAXシステムを使用しても手続きが可能です。

けい留施設使用届

  特定港内(高知港)のけい留施設の管理者は、当該けい留施設を船舶のけい留の用に供する
ときは、高知港長に届出なければなりません。


  この他、港則法に基づく各種制限が高知港等に適用されていますので、不明な点がござい
ましたら高知海上保安部交通課まで遠慮なくお問合せ下さい。  рO88−832−7114

海難人身事故に遭遇した、または目撃した 海のもしもは「118」番