...標識の設置について(許可標識・簡易標識)

標識の画像

 
 海上において工事・作業をしたり、漁業施設その他の構造物を設けるときは、その保安を
図り、かつ、付近を航行する船舶の安全を確保するために、工事区域や構造物を明示する
標識が必要です。
 
 このように海上交通の安全を図るために設置する「航路標識」には、

・工事区域を明示するときは、黄色の単閃光
・可航水域の右げん側限界付近を明示するときは、赤色の単閃光や群閃光

 
を用いなければならないといったように、それぞれの設置場所や表示目的によって、

・「標識の塗色」
・「標識灯火の光色」
・「光り方(灯質)」

等が国際ルール等で定められています。
 
「航路標識」は、

・海上保安庁が設置するもの
・海上保安庁以外の者が自分の行う事業のために海上保安庁長官の許可を受けて設置する
 もの「許可標識」

に大別されます。
 
 この他に、許可基準である施設・性能基準に満たない小規模な航路標識「簡易標識」が
あります。
 
 「簡易標識」は、小規模であっても船舶運航者にとっては、重要な航路標識となります。
その設置にあっては、標識の塗色、灯色、光り方等その目的に応じて適切に設置し、
管理する必要があります。
 
 以上のことから、簡易標識を設置する場合は、届出をお願いいたします。
 
 問合せ先  高知海上保安部 交通課 電話 088−832−7114
 

油の排出・ゴミの投棄等を発見した 海のもしもは「118」番