第三管区 - 海上安全情報
船舶通航信号所現状変更(本牧)
2018年1月 5日 00:00

第三管区海上保安本部 発表

対象海域 本牧船舶通航信号所

対象期間


本牧船舶通航信号所の業務が、次のとおり変更されています。

変更日:平成30年1月1日
標識名及び位置:本牧船舶通航信号所(灯台表第一巻8106) 北緯35度27分02秒 東経139度38分14秒
海 図:W66
関連書誌:灯台表(411) 航路標識番号:8106

変更箇所は書誌411、8106番記載事項のうち横浜海上保安部(保安部)を東京湾海上交通センターへ変更
変更後は以下の通り
1〜3及び5項目については変更無し
4 留意事項
(1)〜(3):変更無し
(4) 船舶の種類若しくは大きさ、東京湾海上交通センター(以下「センター」)が使用するレーダーから
当該船舶までの距離又は海面の状況等により、十分な情報が得られない場合があること。
(5)、(6):変更無し
(7) 1(2)イ(ア)a及びbに掲げる事項に関する情報の提供は、情報提供可能海域に入った
  後速やかにセンターにおいて識別された船舶であって、センターからの呼出しに対し常に応答す
  ることができる状態にある船舶に対して行われること。ただし、特定船舶及び準特定船舶の
  航行が極めてふくそうする場合等にあっては、準特定船舶に対する当該情報の提供を行うこ
  とができない場合があること。
(8):変更無し
(9) 情報の提供は、船舶の安全な航行を援助するため、船舶に対し、センターにおいて観測され
  た事実及び状況等を伝えるものであり、操船上の指示をするものではないこと。
(10):変更無し

利用船舶は注意して下さい。
(参照:三管区水路通報 30年第1号23項)



(c) Japan Coast Guard.