FAQ(お問い合わせに対する回答)
<質問とその回答>

■  名古屋港海上交通センターについて

 
1.  名古屋港海上交通センターってどこの組織なの?


 皆さんよくご存知の海上保安庁です。海上保安庁は、東京に本庁があり、地域に応じて的確に業務を遂行するため、全国を11の管区に分け、愛知県・岐阜県・三重県の区域とその沿岸を管轄する第四管区海上保安本部が名古屋にあります。その第四管区海上保安本部の下部組織として、海上保安部などとともに設置されているのが、名古屋港海上交通センターです。

 
2.  名古屋港海上交通センターって何をしているの?


 名古屋港海上交通センターでは、名古屋港における船舶交通の安全を図るため、センターに設置された高性能レーダー、AIS(船舶自動識別装置)及びITV(船舶動静監視テレビカメラ装置)等により、名古屋港を航行する船舶に対し、他船の動静や気象の状況等航行に必要な海上交通情報の提供と航行管制の業務を一元的に行っています。

 
3.  名古屋港海上交通センターはどこにありますか?


 ホームページにも場所を明記していますが、名古屋市港区の名古屋港金城ふ頭先端にあって青く光っている三角形の細長い(高さ約80m)建物です。

 
4.  名古屋港海上交通センターへの見学は可能ですか?


 名古屋港海上交通センターは、保安区域(※)に設置されているため原則として見学は実施しておりません。
 海事、学術、教育関係者の方々の研修等については応じていますので申込方法などの詳細は整備課管理係(052-398-0711)までお問い合わせください。

※ 保安区域とは、「国際航海船舶及び国際港湾施設の保安の確保等に関する法律」
   により決められた立入り禁止区域です。

 
5.  名古屋港海上交通センターと名古屋港船舶通航情報センターとは同じ業務ですか?


 いいえ違います。
名古屋港海上交通センターは、主に船舶の管制業務と安全運航のための情報提供を行っています。 名古屋港船舶通航情報センターは港湾管理者である名古屋港管理組合が港湾情報の集中化と名古屋に出入港する船舶の動静を把握するために設けています。船舶の動静情報は、名古屋港管理組合ホームページ 「船舶入出港情報」でご確認出来ます。
 

■  名古屋港の交通安全について

 
1.  管制信号の意味を教えて下さい。


 名古屋港内の4箇所(東、西、金城、北)の信号所では、それぞれの水路を航行する船舶に向けて管制信号を表示しています。
 管制船舶(東水路は全長270メートル以上の船舶、西・北水路は全長175メートル以上の船舶及び各水路とも総トン数5,000トン以上のタンカー)が水路を航行する場合は、この管制信号に従って航行します。
 全長50メートル以上の船舶(総トン数500トン未満の船舶を除く)も、この管制信号に従って水路を航行しなければなりません。
 管制信号の意味は次のとおりです。
 「 I 」:入港(IN)して下さい。
 「O」:出港(OUT)して下さい。
 「F」:管制船舶はありませんので自由(FREE)に航行して下さい。
 「W」:西(WEST)航路に向かって下さい。
 「E」:東(EAST)航路に向かって下さい。
 「OE」:管制船舶は東航路から出港して下さい。
 「OW」:管制船舶は西航路から出港して下さい。
 「X」:船舶は航行できません。

 
2.  名古屋港の「(管制)水路」と「航路」の違いを教えてください。


 名古屋港には、東航路、西航路、北航路の3つの航路があり、船舶はこの航路を航行して入出港しております。
  航路は細長く、また金城ふ頭前面では複雑に交差しているため、船舶が安全に入出港できるように、管制信号により航路の航行をコントロールする一定のルールを設けています。 各航路内で、この管制信号の適用を受けるエリアが水路です。
 東水路は東航路No3、4ブイからNo11ブイまでの間、西水路は西航路No3、4ブイからNo9、10ブイまでの間、北水路は北航路No1ブイからNo10ブイまでの間(ほぼ北航路全域)となっております。
(こちらの図を参照ください)

 
3.  名古屋港海上交通センターホームページ「船舶予定」に示されている@「管制船舶入出港時刻」とA「管制船舶水路入航時刻」の違いを教えてください。また、この時刻はどんなことに役立つのですか。


 @の入港時刻は、東又は西航路のそれぞれNO3,4ブイを通過する(水路に入る)時刻です。出港時刻は、岸壁を離れる時刻です。
 Aの水路入航時刻は、それぞれの水路に入る時刻です。水路の途中から入る場合はその時刻となります。入港する場合は、@の入港時刻と同じ時刻です。
 これらの時刻は、国際VHF(無線通信)情報提供や管制信号と関連しており、水路内で大型船舶同士が見合い関係とならないよう調整されております。

 
4.  AISとは何ですか?


 AIS(船舶自動識別装置:Automatic Identification System)とは、船舶の識別符号、種類、位置、針路、速力、航行状態及びその他の安全に関する情報を自動的にVHF帯電波で送受信し、船舶局相互間及び船舶局と陸上局の航行援助施設等との間で情報の交換を行うシステムで、名古屋港海上交通センターでは平成18年7月より運用を開始しています。
 従来のレーダーのみでは船舶の識別のための時間が必要でしたが、AIS搭載船は、自動で固有情報を発信しているため識別が容易となります。またAIS搭載船に対して文字による気象情報、航路情報(工事作業情報、操業漁船情報等)、安全関連情報(管制信情報、航行制限情報、海難事故情報等)、 乗り上げ、走錨等の危険が予測された場合の注意喚起等の各種情報をレーダーサービスエリアよりも広いエリアで提供しています。
 詳しくは、海上保安庁HPの AISを活用した次世代型航行支援システム をご覧下さい。

 
5.  進路信号のパンフレットはありませんか?


 岸壁等から行先信号を表示するページに名古屋港の進路信号(概略図)(PDF版)を掲載していますので、ご活用下さい。

■  気象等のデータの提供について

 
1.  AISでの気象情報の提供はどのように行われていますか?


 AISを活用した気象情報の提供方法が平成20年6月1日から変更(詳細はこちら)になり、
名古屋港海上交通センターでは伊勢湾のうち北緯34度45分のラインを通過して北上する船舶自動識別装置(AIS)を搭載した船舶に対して、四日市港防波堤外端及び名古屋港高潮防波堤中央堤東端における風向及び風速を自動的に提供しています。(詳細はこちら

■  その他

 
1. 名古屋港に入港するめずらしい船の写真を撮りたいのですが、名古屋港海上交通センターで、客船や帆船の入出港日時や入港場所がわかりますか?


 名古屋港海上交通センターではすべてを把握しておりません。名古屋港の管理者である名古屋港管理組合(052−661−4111)へお問い合わせください。

 
2.  名古屋港海上交通センターのホームページにリンクを貼ってもいいですか?


 名古屋港海上交通センターでは、できるだけ多くの方々にホームページを見ていただき、業務の内容を知ってもらいたいと願っております。
したがいまして、当ホームページへのリンクにつきましても、原則自由にしております。
 リンクを貼る際は、
見出しを『名古屋港海上交通センターホームページ』
URLを『http://www6.kaiho.mlit.go.jp/nagoyako/』としていただき、
その旨を情報課まで電話(052-398-0713)連絡して下さい。

 
3.  名古屋港海上交通センターで海技免許の更新はできますか?


 当センターでは扱っておりません。
    海技免許の更新等の手続きは中部運輸局 海上安全環境部 船員労働環境・海技資格課(電話052−952−8027)へお問い合わせください。

 
4.  名古屋港海上交通センターでは、通関手続きはしていますか?


 当センターの業務ではありません。
    名古屋税関(052−654−4008)へお問い合わせください。

 
5.  伊勢湾岸道路の混雑状況を教えてください。


 交通センターという名称からよく道路の渋滞状態の問い合わせがありますが、当センターの業務ではありません。

 
6.  名古屋港水族館へは、どう行けばよいのですか?


 名古屋港ガーデン埠頭総合案内所(052−654−7000)もしくは直接、名古屋港水族館(052−654−7080)へお問い合わせください。

 
7.  カーフェリー埠頭へは、どう行くのですか?


 名古屋市港区空見町にあるのですが、詳しくは名古屋フェリー埠頭ターミナル(052−398−1016)へお問い合わせください。

 
8.  船便で荷物を送りたいのですが教えてください。


 荷役団体である名古屋港運協会(052−661−9771)へお問い合わせください。
 
このページのトップへ