名古屋港の航行管制


 名古屋港では、船舶航行の安全を確保するため、「高潮防波堤東」、「高潮防波堤西」、
「金城」及び「名古屋北」の各信号所において、管制信号を電光文字で表示し、水路内を
 航行する船舶に対して管制を行っています。


1 用語の説明

  (1)「管制船舶」とは、次の船舶です。
    ● 東水路を航行する船舶にあっては、全長 270メートル以上の船舶
       北水路または西水路を航行する船舶にあっては、全長 175メートル以上の船舶
    ● 油送船にあっては各水路とも、総トン数 5千トン以上の船舶

 (2)「管制対象船舶」とは、次の船舶です。
    ● 東水路、西水路及び北水路を航行する船舶にあっては、全長 50メートル以上の船舶(総トン数5百トン
       未満
の船舶を除く)
 (3)「位置通報対象船舶」とは、次の船舶です。
    ● 長さ 50メートル以上の船舶      
    ● 長さ 50メートル以上の物件えい航船舶 ※      
      ※引き船の船首から引く物件の後端又は押し船の船尾から押す物件の先端までの距離が50m以上である、船舶、いかだその他の物件を引き、又は押して航行する船舶
 (4)「航路」とは、名古屋港に出入りする船舶が、航行しなければならない通航路をいいます。
 (5)「水路」とは、航路のうち「管制信号の種類及び説明」で説明する管制信号に従い航行しなければならない区域をいいます。


2 航路及び水路
 航路及び水路は下図に示すとおりです。
 (1)管制信号の種類及び意味は、「管制信号の種類及び説明」を参照して下さい。
 (2)金城信号所(センター塔屋)には、「管制信号板」と「情報信号板」が設置されています。
    なお、「情報信号板」は、管制信号板と区別するため、文字の周囲の枠が点灯して表示されます。

        下の図をクリックすれば、拡大表示されます。