センターへの通報要領

1 事前通報

    名古屋港内をより安全に航行していただくため、管制船舶は次の要領により当センターまで
  通報してください。(港則法施行規則第29条の3関連)
 (1) 通報の時期、通報手段及び通報先

   
通報が必要な船舶 通報時期 通報手段 通報先
「管制船舶」

●東水路を航行する場合
 
全長270メートル以上の船舶
  (総トン数5千トン以上の油送船)
●西水路及び北水路を航行する場合
  全長175メートル以上の船舶

  (総トン数5千トン以上の油送船)
●水路入航予定日又は運航開始予定日の前日正午まで ●書面(持参、郵送、FAX)
  郵送又はFAXの場合は、通報後センターまで管制時間を確認してください。

●VHF無線電話
 呼出周波数:CH16
 通信周波数:CH12
 (「なごやほあん」を呼び出しセンター接続を依頼してください。)
●港湾EDIシステム

●DSC、NBDP:「004310401」
●センター
 電話:052-398-0715 (計画卓)
 FAX:052-398-0716
 住所:
 名古屋市港区金城ふ頭3丁目1番

 (2) 通報事項
     書面による事前通報の主な通報事項は、次のとおりです。
   ●船名
   ●総トン数
    ●全長
   ●船舶の種類
   ●信号符字
   ●航行予定水路名
   ●当該水路入航予定時刻又は運航開始予定時刻、連絡手段、保留場所

 

2 変更通報
   ●事前通報で通報した事項に変更があったときは、直ちに変更通報を行ってください。
   ●水路入航予定時刻又は運航開始予定時刻の変更については、10分以上の変更がある
     ときにお願いします。

3 位置通報

    情報提供を適切に行うためにはレーダーで各船舶を識別する必要がありますので、通報が必要な船舶
    (全長50メートル以上の船舶。ただし、総トン数5百トン未満の船舶を除く)は、次により位置通報を
    行ってください。

 (1) 通報時期及び通報手段

通報が必要な船舶 通報時期 通報手段
入港の場合



●全長50メートル(総トン数500トン未満を除く)以上の船舶



●位置通報ライン(NSライン又はNWライン)通過時
●情報提供可能海域内に錨泊の船舶にあっては運航開始時
●VHF無線電話
・呼出名称
 「なごやハーバーレーダー」
・呼出周波数
   CH16
・通信周波数
   CH14、22
●電話
  052-398-0712(運用卓)
出港の場合 ●解らん時
●情報提供可能海域内に錨泊の船舶にあっては運航開始時


 (2) 通報事項

入港の場合 @船名
A位置通報ライン通過時刻又は運航開始時刻
B位置通報ラインの略称(NSライン、NWライン)
C岸壁の名称又は錨泊位置
D運航予定航路名(東航路、西航路、北航路)
出港の場合 @船名
A運航開始時刻
B岸壁の名称又は錨泊位置
C通航予定航路名(東航路、西航路、北航路)

4 センターとの連絡の保持

   事前通報及び位置通報を必要とする船舶は、位置通報ラインの通過予定時刻の2時間前(情報提供可能海域内
  にあっては運航開始時)から運航終了時又は情報提供可能海域を出域するまでの間は、VHF無線電話(CH16)の
  聴取を励行してください。
    なお、港則法施行規則が改正され、平成23年7月1日から船舶の安全な航行を援助するための措置として、特定船舶  
   (総トン数5百トンを越える船舶)は名古屋港内における一部の海域【情報の聴取義務海域】においてVHF無線電話(ch16)  
    の聴取が義務付けられています。
5 情報提供可能海域及び位置通報ライン

  下図をクリックすれば、拡大表示されます。

位置通報
ラインの名称
略  称 位    置
名古屋西 NWライン  伊勢湾シーバース灯(北緯34度55分36秒、東経136度44分24秒)から0度8,100メートルまで引いた線及び同シーバース灯から180度3,600メートルまで引いた線
名古屋南 NSライン  トーガ瀬北灯浮標(北緯34度53分42秒、東経136度47分22秒)から270度4,500メートルまで引いた線