名古屋港海上交通センターでは、名古屋港及び付近海域における船舶航行の安全を図るため、センターに設置された高性能レーダー及びAIS(船舶自動識別装置)等により得られた他船の動向、気象の状況等航行に必要な海上交通に関する情報提供と、港則法に基づく航行管制の業務を一元的に行っています。
当センターの情報提供サービスエリア
  当センターが情報提供を行っているサービスエリアについては、次をご覧ください。
  ○レーダーサービスエリア及び位置通報ライン図
  ○AISサービスエリア及び気象情報提供図
一般情報の提供
ラジオ放送及びホームページにより、管制信号の現状・予告、管制船舶の入航予定、気象、海象、工事作業の状況等を提供します。
 
個別情報
特定の船舶に対し、次の情報を提供します。

  • 情 報
    レーダー等により観測した事実、海域の状況等航行の安全上参考となる情報を提供します。
  • 警 告
    船舶の航行の安全に著しい支障を及ぼすおそれのある危険事象について通知します。
  • 勧 告
    航路等における交通方法を遵守するため、又は船舶の安全な航行に支障を及ぼすおそれのある危険事象を回避するために、進路変更その他の必要な措置を講じるべきことを勧告します。
情報信号
航路接続部付近海域(金城信号所から191度1,200メートルの地点を中心とした半径1海里の円内の海域)における一定以上の大きさの船舶の動静情報を情報信号板により提供します。
 
各航路毎に設けられた信号所
管制信号を電光文字で表示し、水路内を航行する船舶に対して航行管制を行います。
詳細は「名古屋港の航行管制」のページ(新しいウインドウで開きます)
をご覧下さい。
名古屋港の管制間隔基準表
名古屋港における管制に関する基準表を設けました。ご参考にしてください。