伊勢湾及び周辺海域のAIS
平成18年7月1日から名古屋港海上交通センターにおいて、伊勢湾北部海域のAISを活用した次世代型航行支援システムの運用を開始しました。
※AIS(船舶自動識別装置:Automatic Identification System)
 船舶の識別符号、種類、位置、進路、速力、航行状態及びその他の安全に関する情報を自動的にVHF帯電波で送受信し、船舶局相互間及び船舶局と陸上の海上交通センター等の航行援助施設等との間で情報の交換を行い船舶の安全な運航を支援するシステムです。
その他、海難等の内容、気象の注意報・警報等の航行の安全に関する種々の文字情報を全船舶または、船舶を特定して提供することができます。
伊勢湾海上交通センタートップ 名古屋港海上交通センタートップ伊勢湾地区 AISサービスエリア図
搭載船は、AISデータの正確な入力・装置の電源は常時ON・VHF16chの聴守を励行しましょう。
お問い合わせ先
第四管区海上保安本部 交通部企画課
愛知県名古屋市港区入船2−3−12
TEL 052−661−1611

 

名古屋港海上交通センター 整備課
愛知県港区金城ふ頭3−1
TEL 052−398−0711