AIS適正運用の推進(啓発用CD等配布)について

2008年7月1日から国際航海に従事しない総トン数500トン以上の船舶に対してもAISの搭載が義務化されました。
東京湾海上交通センターでは、AISの適正な運用を推進する目的で、啓発用CD及びリーフレットを作成し、海事関係者に配布しております。

  当センターでは、2004年7月から AIS( Automatic Identification System ; 船舶自動識別装置) を活用した次世代型航行支援システムの運用を開始しています。
  これにより、東京湾とその周辺海域を航行するAIS搭載船舶の動静が把握できるようになり、AIS搭載船に対してのきめ細やかな情報提供が可能となったことから、
AIS搭載船における、AISの適正運用
◎ 常時電源 ON
◎ 正しいAIS情報の入力・確認
◎ AIS受信メッセージの定期的確認
をさらに推進するため、啓発用「リーフレット(和文・英文)」「動画CD」を配布しています。

「リーフレット(和文)」(PDF338KB) 「リーフレット(英文)」(PDF327KB)
リーフレット(和文) リーフレット(英文)

「動画CD−ROM(パワーポイントファイル)」
※CD−ROMはダウンロードできません
CD-ROMはダウンロードできません   ※CD−ROMをご要望の方は
  別途送料の御負担をお願いします。
  詳細については、下記問い合わせ先へ。

    動画の再生にはパワーポイントが必要です。
    マイクロソフト(R)のホームページでPowerPointViewerをダウンロード・インストールするとご覧になれます。
        PowerPointViewer2003 (対象OS:Windows2000SP3,98SE,Me,XPなど)
        PowerPointViewer2007 (対象OS:Windows 2000SP4,Windows 2003,Vista,XPSP1など)

問い合わせ先
東京湾海上交通センター
運用管制課
電話 046(843)8622〜3
---- Tokyo Wan Vessel Traffic Service Center ----
トップページへ