インターネットエクスプローラ環境設定の例

*はじめに
既定のインターネットエクスプローラのセキュリティ設定は、マイクロソフト社が推奨しているものです。
設定の変更については、自己の責任と判断で行なってください。
下記には2通りの設定方法の例を紹介しておりますが、どちらか一方の設定をすることにより 東京湾海上交通センターホームページの緊急情報等の内容をご覧いただけるようになります。
(バージョンによっては、下記と同じ操作にならないものもあります。 ご了承ください。下記は、インターネットエクスプローラVer6で作業した場合のものです。)

*JavaScript,ActiveXコントロールの設定を変更する。
最初に、「インターネットオプション」を表示させます。
メニューバーから「ツール」を選択、プルダウンメニューから「インターネットオプション」を選択します。
設定方法は、以下のとおりです。
@「セキュリティ」のタブメニューを選択
A「インターネット」項目を選択
B「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック
C「設定」中の下記の3点を「有効にする」に設定

D「OK」ボタンで終了
インターネットオプションの画面を「OK」ボタンで終了します。

*「信頼済みサイト」に登録する。
最初に、インターネットエクスプローラで当センターのトップページを表示させ、アドレスバーをクリックし、 インターネットアドレスを全部選択します。
マウスの右ボタンをクリックし、メニューから「コピー」を選択し、インターネットアドレスをコピーしておきます。
次に、「インターネットオプション」を表示させます。
メニューバーから「ツール」を選択、プルダウンメニューから「インターネットオプション」を選択します。
設定方法は、以下のとおりです。
@「セキュリティ」のタブメニューを選択
A「信頼済みサイト」の項目を選択
B「サイト」ボタンをクリック
Cマウスの右ボタンをクリック、メニューから「貼り付け」を選択し、コピーしてきたアドレスを貼り付け
D「このゾーンのサイトにはすべてサーバーの確認(https:)を必要とする」のチェックをはずす
E「追加」ボタンをクリックし「サイト」に追加されたことを確認
F「OK」ボタンで終了
インターネットオプションの画面を「OK」ボタンで終了します。