4.速力の制限
 航路を航行する場合は、対水速力12ノットを超えてはいけません。
 ただし、航路を横断する場合は除きます。

5.追越しの場合の信号
 汽笛を備えている船舶は、航路において他の船舶を追い越そうとする場合は、汽笛により一定の信号を行わなければなりません。
6.進路を知らせるための措置
 汽笛を備えている総トン数100トン以上の船舶は、航路外から航路に入り、航路から航路外に出、又は横断しようとするときは、進路を他の船舶に知らせるため、国際信号旗又は汽笛により行先を表示しなければなりません。
 また、AIS(船舶自動識別装置)を搭載している船舶は、「目的地に関する情報」の入力を行わなければなりません。
  信号の詳細についてはこちら!
     
AISへの入力表[PDF 1.4MB] AISへの目的地コードについて(東京湾版)[PDF 1.1MB]

7.航路の横断の方法
 航路を横断する船舶は、その航路に対しできる限り直角に近い角度で、すみやかに横断しなければなりません。

前ページへ 次ページへ
---- Tokyo Wan Vessel Traffic Service Center ----
東京湾の航法ガイドへ トップページへ