トップページ > 管内主要灯台 > 赤礁埼灯台鋸埼灯台 > 灯台豆知識

白赤横帯塗色

 航路標識の塗色及び灯質の選定基準に、「防波堤灯台等で左舷(塗色:白、灯色:緑)又は右舷(塗色:赤、灯色:赤)を明示する灯台以外は、 原則として塗色:白、灯色:白」とあります。 
 ただし、「背景又は地理的な条件等により、白色では視認が困難である場合においては、白色と赤色又は白色と黒色をそれぞれ交互に帯状に塗色 することができる」と定めています。
 また、二色を用いる場合の塗り分けについても、「白色と赤色又は白色と黒色をそれぞれ交互に帯状に塗色する場合の赤帯及び黒帯の幅は、地上 から構造物の頂部までの高さをほぼ奇数等分した値になるように塗色する」という基準があります。
 白地に赤帯灯台は、当灯台(福井県)以西では島根・長崎に各2、鳥取・兵庫・徳島・愛媛・熊本・鹿児島に各1 標識あるだけです。

 また、白赤横帯塗色の灯台で灯火の色も「赤」であるのは珍しく(原則的に白光です)、赤礁埼灯台と北海道の「サロマ湖口灯台」だけです。赤礁埼灯台については、昼標効果と灯台の北方に干出岩の危険海域があり、港に入るための右舷標識として「赤色灯火」に したものと思われます。
〜余話@〜
 昭和32年の映画、灯台守の半生を描いた「喜びも悲しみも幾年月」は総天然色(当時、カラーと は言わなかった)のため、北海道・石狩灯台で冬のシーン撮影の際、雪の中でも目立つように白赤に 塗り替えられました。色彩効果を出すためでしたが、視認性がよいため、他の積雪地の灯台も赤帯を 採用するようになりました。                ノッシャップ公園と稚内灯台

 白地に赤帯は1〜3本がほとんどですが、北海道の稚内灯台は地上から頂部まで約43m、赤帯が 6本あり遠くからでは発電所の煙突のようにも見えます。
 なお、北海道・東北地方には、白赤のほか白地に黒帯の灯台も多数あります。
〜余話A〜
 海の浅瀬で岩石またはサンゴ礁の凸部を一般に「礁」という字をあてます。この岩場の上や付近に設置する灯標及び 灯浮標の名称で「礁」を付けているところが多くありますが、「礁」は地方によっていろいろな呼び方を しています。概ね、日本海側では「グリ」、瀬戸内海では「ゾワイ」「ソワ」、太平洋側・九州・沖縄では 「ショウ」と呼ぶのが多いようです。「セ」「ベ」と呼ぶものもありました。特に島根県では、カタカナで「グリ」 の付く航路標識が多数あります。当管内では福井県若狭町に「黒グリ灯標」があります。
 なお、赤礁埼灯台の所在する地番は同じ「アカグリ」でも「赤栗」の字が当てられています。 
〜余話B〜
 全国の航路標識(灯台、灯標、灯浮標)名称の中に使われている『色』には、藍(あい)、 赤、青、黄、金、黒、緑、水、桃、鼠、白等があります。
 当管内では、航路標識の名称に「色」が使われているものとしては、赤、黒の他に白(「白浜港沖防波堤灯台」)があります。

戻る

灯台用電球

 この電球は、当部管内では最小の灯台用電球で、12V−25Wです。
赤礁埼灯台は平成15年度に電球からLEDに変更したため、管内でこの電球を使用しているのは現在、小浜港の防波堤灯台のみとなりました。


戻る

自然エネルギー(風力、太陽、波力、潮流)の導入

 海上保安庁における航路標識への自然エネルギーの利用は古く、1951年(昭和26年)山口県下関市蓋井島(ふたおいしま)灯台に風力発電、1959年(昭和34年) 山口県上関町沖合いの周防筏瀬(すおういかだせ)灯標に太陽光発電、1965年(昭和40年)大阪港泉北航路灯浮標に波力発電、近年では2002年(平成14年) 兵庫県明石海峡航路中央第二号灯浮標に潮流発電を導入しました。
 現在、国内最大の太陽電池灯台は鹿児島県の東シナ海にある草垣島灯台で、畳1枚程の大きさのソーラーパネルを30面設置しており、7920Wの出力が可能です。
 最近では太陽光、風力、波力のうち最も効率的な発電方式を組み合わせたハイブリッド発電システムを開発し、太陽光と波力、太陽光と風力の組み合わせが実用化されています。

戻る

LED (Light Emitting Diode)

 発光ダイオードと呼ばれ、電気を流すと発光する半導体の一種です。
 蝋燭、電球、蛍光灯に続いて人類が手に入れた第4世代の照明用光源として注目されています。
 光りの三原則のうち赤色と緑色が最初に開発され、70年代に黄色、90年代には日本のメーカーにより青色が開発されました。電球に比べ、長寿命、省エネ、コンパクト、水銀レスなどの長所があり、航路標識の光源としては、平成13年に採用されました。
 平成17年3月末現在、当保安部管轄48基の航路標識のLED化は、23%にあたる11基です。
〜余話C〜
 車を運転される方は既に気づかれていることでしょうが、交通信号灯が電球からLEDに代わりつつあります。
 視認性がよく西日を受けても擬似点灯が起こりにくいのが理由です。平成17年3月末現在で全国の交通信号機(車両用約110万余機)のLED化率は9.3%となっています。 ちなみに1位は東京で 28.3%、福井県は全国37位で4.8%、47位は北海道の1.1%のLED化率となっています。

***【警察庁調べの「全国都道府県別交通信号器(車両用)のLED化状況」から抜粋】***

戻る

明弧

鋸埼灯台の「明弧」
 灯台の明かりが見える方向を「明弧」といいます。
 300mmレンズ使用の小規模標識では、水平方向に360度(航路標識用語で「全度」といいます)に灯光を発し、通常、陸上側の不必要な方向に向かう光りも遮蔽されていません。
 一方、中規模以上の灯台では、「光害」がなくても陸側の不必要な範囲は遮蔽しています。この場合、光りの見える水平弧を「明弧(めいこ)」、遮蔽されて光りの見えない水平弧を「暗弧(あんこ)」といいます。
 「明弧」については、真方位を用いて海側から測った度数で灯台表、海図に記載されています。

戻る