敦賀海上保安部
トップページ > 管内主要灯台 > 越前岬灯
越前岬灯台所在地
 福井県丹生郡越前町血ケ平
光り方(灯質)
 15秒ごとに1閃光
光の強さ(光度)
 200,000cd(カンデラ
光の届く距離(光達距離)
 21海里(約39km)
地図

 越前町のシンボル「越前岬灯台」を紹介します。 
案内板 
 観光ガイド等による「越前岬灯台」紹介欄に、営業時間0900〜1700、休業日は木曜、 入場料300円と記述しているものもありますが、越前岬灯台では、入場料は徴収していません。これは越前岬灯台が「越前水仙ランド」に囲まれ、灯台下の料金所で「水仙ランド」の清掃協力金が徴収されているものです。
  なお、灯台は特別な場合の一般公開日を除き、普段は灯台内には入れませんのでご理解ください。 
 灯台内部は、このページの写真で紹介します。
灯台の概要
 越前岬灯台は福井県の主要な航路標識の一つで、若狭湾の東角にあり、京都府の経ケ岬灯台と対峙しております。地上から頂部まで16m、灯高は海面上131mで鉄筋コンクリート造の塔形です。 
越前岬灯台の沿革
昭和15年3月29日  越前岬灯台点灯(4等フレネルレンズ水銀槽式回転機械
昭和28年8月 1日  航路標識事務所制発足(全国で254の事務所を設置、福井県内では、立石埼、敦賀港、越前岬、三国港、小浜港)
昭和29年3月  水銀槽式回転機械(分銅の落下エネルギーを利用してレンズを回転させる)の分銅巻上げ方式を人力から自動巻上げに改良
昭和29年5月  予備電源として発動発電機(1台)を設置
昭和37年4月 1日  航路標識事務所の名称変更(三国港航路標識事務所を三国航路標識事務所に敦賀港航路標識事務所を敦賀航路標識事務所に)
 越前岬航路標識事務所は変更なし
昭和38年3月  レンズ回転方式を分銅式から電動駆動方式に改良
昭和38年5月 1日  越前岬無線方位信号所設置
 (中波回転ビーコン局(無人化方式)の始め)
昭和48年4月16日  越前岬航路標識事務所を廃止し三国航路標識事務所に集約
 灯台の無人化に伴い灯台監視装置を設置。
平成 7年3月31日  三国、敦賀航路標識事務所を廃止
平成 7年4月 1日  敦賀市に福井航路標識事務所を設置、発足
平成 9年2月  無停電式灯台自動制御装置を設置
 光源の白熱電球(100v750w)を省電力長寿命のメタルハライドランプ(100v250w)に変更
平成13年4月 1日  福井航路標識事務所を廃止し、敦賀海上保安部に集約
平成14年2月25日  越前岬灯台、立石岬灯台に気象観測所を新設
平成20年11月2日  耐震対策のため、灯台を20m北東の場所に移設立替
水銀槽式回転機械を撤去廃止しLB-M30型灯器に新替
灯台内部のご紹介
 (立替前の旧灯台です)
越前岬灯台断面図  灯台には、見学できる灯台(全国で15カ所)もありますが、越前岬灯台は残念ながら公開しておりません。
 そこで、簡単ではありますが灯台内部をご紹介します。
 左の絵をクリックしてください。
灯台の写真
 (立替前の旧灯台です)
越前岬灯台1
水銀槽式回転機械
越前岬灯台2
水銀槽式回転機械
越前岬灯台3
水銀槽式回転機械
越前岬灯台4
水銀槽式回転機械
越前岬灯台5
越前岬灯台6
初夏
越前岬灯台7
越前岬灯台8

記念額

境界標(逓信省用地の文字)

冬の越前岬


西方向を望む
(水平線が丸く見えます)

椿の花

灯台内部


換気口

筒内上部

筒内中間部

筒内下部

戻る