トップページ > 管内主要灯台 > 高浜城山灯台 > 灯台豆知識

 灯 柱

 「灯柱」とは、灯火を発する航路標識のなかで、灯ろう(レンズ)等を木柱、コンクリート柱、鉄柱など構造が柱状のものに取り付けた簡易な標識をいいます。
 昔は灯柱だったものが改築等で灯台になり、現在、灯柱と呼ばれるものはなくなりました。

 導灯と指向灯

 「灯台」以外に陸上に設置される航路標識の種類として、これまで紹介してきました「照射灯」の他に「導灯」と「指向灯」があります。
 導灯とは、通航困難な水道すいどうや狭い湾口などの航路の延長線上の陸地に、前灯(低い塔)と後灯(高い塔)の2基1組の灯塔を設置し、船舶はこの灯塔(灯火)を垂直線上に見るように進むと、安全に狭い航路内を通航することができる誘導標識です。
 敦賀管内にはありませんが、八管内では兵庫県城崎に「竹野港導灯(前灯・後灯)」があります。

導灯の説明図
導灯の説明図
竹野港導灯
竹野港導灯(舞鶴海上保安部所管)
蛍光灯40W(緑)を使用

 指向灯は、1基の灯塔で単一の光源(機器)を用いて3色の灯火を投射し、進路を示す誘導標識です。
 色フィルタによって、船舶から見て左側の危険区域を緑光で、右側の危険区域を赤光で、中央の安全区域を白光で明示します。操船者の目に緑光や赤光が入ってきた場合には、白光の範囲に船を進め、白光を見て進むと安全に通航することができます。
 敦賀管内にはありませんが、八管内には境水道さかいすいどうに「境港指向灯」があります。
境港指向灯
以下の写真はクリックすると大きな画像でご覧になれます。
境水道
境水道
境港指向灯全景
境港指向灯全景
境港指向灯(境海上保安部所管)
上部正面の四角い窓から光りを投射します。
最上部の灯ろうは、指向灯の存在位置を示す標示灯を点灯します。

戻る