敦賀海上保安部
トップページ > 管内主要灯台 > 立石岬灯台
立石岬灯台所在地
 福井県敦賀市字立石エリヶ崎
光り方
 10秒ごとに1回
光の強さ(光度)
 150,000cd
光りの届く距離
                                   20.5海里(約38km)
地図
立石岬灯台パノラマ写真
灯台の概要
 立石岬は、若狭湾に突き出た敦賀半島の北端に位置し、敦賀湾への入り口にあたります。灯台へは立石漁港から海沿いに北へ約200メートルほど行き、登山道を上ります。
 立石岬灯台は、それまでの洋式灯台が外国人の設計、施工であったのに対し、石造り灯台として初めて日本人のみによる設計、施工で建設され、明治14年7月の点灯以来、約130年間敦賀港へ入港する船舶、若狭湾を航行する船舶の目標として用いられてきました。
 当初は、フランスから輸入されたレンズ(敦賀市立博物館に寄贈)を使用していましたが、昭和35年に日本製のレンズに変更され、機械も自動化されました。これに伴って、昭和36年、灯台構内に居住していた職員を敦賀市内に移転させ、無人化となりました。
 現在は、敦賀海上保安部の職員が3ヶ月に1回、点検のため巡回しています。 
明治14年 6月30日 立石岬灯台の工事完成
明治14年7月20日 立石岬灯台が点灯開始 (光源=石油灯、灯器=第4等フレネルレンズ)
明治37年 2月23日 立石埼灯台に名称変更
大正 3年 3月11日 光源をアセチレンガス灯に変更
昭和13年 3月29日 光源を白熱電球に変更
昭和35年10月30日 灯器をLB-30型灯器(レンズ径30cm回転式)に変更
(撤去した第4等フレネルレンズは敦賀市立博物館へ寄贈)
昭和36年 4月 1日 施設を無人化
昭和46年11月29日 灯器をLB-40型灯器(レンズ径40cm回転式)に変更
平成 9年12月25日 光源をハロゲン電球に変更
平成14年11月 1日 立石岬灯台に名称変更
平成21年 6月 9日 光源をCDM-TD70W電球、灯器をLB-M30型灯器に変更

管理事務所の変遷

明治14年 7月20日 立石岬灯台(工部省灯台局所属)
明治37年 2月23日 立石埼灯台に名称変更(逓信省航路標識管理所所属)
昭和23年 5月 1日 海上保安庁の発足に伴い以後は海保の管理下となる
昭和28年 8月 1日 立石埼航路標識事務所に管理所名変更
(福井県内に小浜港・立石埼・敦賀港・越前岬・三国港の5航路標識事務所が発足)
昭和37年 4月 1日 敦賀港航路標識事務所が敦賀航路標識事務所に名称変更
(ほかに小浜港→小浜・三国港→三国に変更)
昭和42年 6月 1日 立石埼航路標識事務所を廃止、敦賀航路標識事務所に統合
(小浜航路標識事務所廃止、該灯台が舞鶴海上保安部灯台課の所管となる)
昭和48年 4月16日 越前岬航路標識事務所を廃止、三国航路標識事務所に統合
平成 7年 4月 1日 福井航路標識事務所発足(福井県内の事務所を統合)、該灯台が所管替えとなる
平成13年 4月 1日 福井航路標識事務所廃止、所管標識が敦賀海上保安部管理に統合される
敦賀市章とそのいわれ
敦賀市章  周囲の円形は敦賀港を現わして地勢を物語り、中央の角は「都奴賀阿羅斯等(ツヌガアラシト)」来朝に因んでその沿革を象徴しています。  角の上部は敦賀港最初の文明施設としての灯台を具現し、港湾都市としての将来への発展を意味しています。敦賀市ホームページから抜粋)
 敦賀市章の一部に立石岬灯台がデザイン化されています。港と共に発展してきた敦賀市のシンボルとし、地元の皆様の重要な宝であり、誇りに思ってこの灯台を大事に後世に引き継いで行きましょう。 
名称変更の経緯
 あれ?「立石岬(みさき)灯台」は「立石埼(さき)灯台」じゃないの・・・と思われている方はいらしゃいませんか。

 明治14年設置当時、この灯台の名称は「立石岬灯台」でした。

 詳細な記録は残っていませんが、明治時代に海図を作成していた海軍水路部が、海図上で海に突き出た地形の先端部分は「埼」の語を採用するようになり、「立石岬」も「立石埼」と記載されるようになりました。
 このころ、灯台は逓信省灯台局が管理していましたが、灯台の名称は、海図の表記と統一することとされており、灯台名も海図の変更に伴い順次改正され、明治37年2月に「立石埼灯台」に変更されました。
 すでに明治23年6月旧日本海軍刊行の海図に記載された対景図(海から見たときの景色図)には「立石埼灯台」と記載されています。

 現在では、海図は海上保安庁海洋情報部が作成していますが、地名の表記は、国土地理院刊行の「決定地名集」や地元自治体と調整のうえ作成した地名調査表をもとに、その土地や地域で使用されている文字や呼び方を重視し、決定しています。
 このため、平成元年の海図改版時に海図上では「立石埼」から「立石岬」に表記が変更されました。

 海図上には、灯台の位置や光り方などは記載されていますが、灯台の名称は記載されていません。このため、本来の名称である「立石埼灯台」と、海図上の立石岬に灯台をくっつけた「立石岬灯台」のふたとおりの呼び方で呼ばれることとなりました。

 この不具合と海図上の表記に合わすため、「立石埼灯台」の名称に永年慣れ親しんだ地元の方の意見も伺い、平成14年11月に、灯台の名称を「立石埼灯台」から「立石岬灯台」に再度変更しました。
灯台内部のご紹介
立石岬灯台立面図  灯台には、見学できる灯台(全国で15カ所)もありますが、立石岬灯台は内部が狭く、手すりがないため、一般の方が見学するには、大変危険であり残念ながら公開しておりません。
 そこで、簡単ではありますが灯台内部をご紹介します。
 左の絵をクリックしてください。
立石岬灯台銘板
立石岬灯台銘板
灯台の写真
立石岬灯台1 立石岬灯台2 立石岬灯台3 立石岬灯台4
立石岬灯台5 立石岬灯台6 立石岬灯台7 立石岬灯台8

灯台への道


立石漁港

タテ石

灯台への道

境界標

日時計

日時計

秋の立石岬

灯台の秋

戻る