【緊急情報】のり網にもディスタンス!~例年を上回るペースで乗揚げ事故急増中~

発表日時 2021年11月24日 16:55 発表部署 第五管区海上保安本部
対象海域
対象期間
備考
内容

 大阪湾及び播磨灘、淡路島沿岸では、例年9月から翌年5月までの間、多数の「のり養殖施設」(通称:のり網)が設置されます。
 本年は、既に7隻の船舶がこの「のり網」に乗揚げてしまっています。(昨年同時期5隻)
 事故の大半は、操船者が「のり網」の構造をよく把握しないまま接近し、乗揚げて航行不能に陥っています。
 
 これら乗揚げ事故を防止するため設置場所を必ず把握するとともに、以下のことを心がけて安全運航をお願いします。
1.むやみに「のり網」に接近しない。
2.「のり網」からできる限り離れて航行する。
3.海上に見えているロープだけで設置場所を判断しない。
4.常時「適切な見張り」を行う。

 このほか、近年人気のウォーターアクティビティーとして「SUP」が盛んになっていますが、本体に「のり網」のロープが絡んだ事で陸岸に帰れなくなり、救助を求める事故も発生しています。今一度、海に出る前に付近海域の水路調査を行ったうえ、マリンレジャーをお楽しみ下さい。

  • のり養殖施設への進入事故防止について
    のり養殖施設への進入事故防止について

戻る