【海上安全情報】航泊制限(金沢港)

発表日時 2018年06月20日 08:30 発表部署 金沢海上保安部
対象海域
対象期間
備考
内容

引火による船舶の事故を防止するため、金沢港長公示第1号(平成30年6月14日)により、下記のとおり船舶の航泊が制限されています。 
期  間  当分の間 
区  域  金沢港内に停泊中の引火性危険物積載タンカー(タンク船を含む。以下同じ。)
    から30m以内の水面      
制限事項  船舶は、港内に引火性危険物積載タンカーが停泊している間、       
       上記区域に立ち入ってはならない。       
       ただし、次に掲げる船舶を除く。       
       (1) 港長が当該タンカーへの接舷を認め、本制限を解除した船舶。       
       (2) 次の条件を満足する給油船、交通船、曳船等当該タンカーの運航に関係のある船舶
        及び 官公庁用船舶であって、当該タンカーの荷役中以外の時に接舷する船舶。       
       イ 甲板上又は船内の開放された場所において、喫煙、暖房、ほう炊、その他の火気
         使用しておらず、あるいは火花を発する恐れのある修理又は作業を行っていないこと。       
       ロ 煙突に火粉の吐出を防止するに十分な装置を施していること。       
       ハ その他防爆措置等当該タンカーに引火するおそれがないよう火気管理を適切に    
         講じていること。 
 備  考  引火性危険物積載タンカーは、「引火性危険物積載中」と表示された垂れ幕等を
        掲げている。
 海  図  W1193 
 出  所  金沢港長

(参照:九管区水路通報 30年331項)