徐行スピードについて

水上オートバイは高速走行が可能なスポーティーな乗り物ですが、急に停止はできないので速力が早ければそれだけ衝突事故の危険が高くなります。とりわけ他の水域利用者のいる場所ではいつでも無理なく危険を回避又は停船できる安全な速力を保つよ うにしてください。
 また、10km/h程度の低速で走っているつもりでも予想以上に大きな航走波(引き波)やジェット噴流によって周囲の水域利用者に迷惑をかけたり危害や損害をあたえたりすることがあります。 海水浴場や係留設備の付近、漁場や川など他の水域利用者の近くでは最低エンジン回転数(アイドリング速力)による最徐行(3km/h〜5km/h)を心がけましょう。水流等の外力の影響で針路を保つことが困難であれば比較的保針しやすく航走波も小 さい徐行速度(8km/h)で航行しましょう。
※ローカルルール等において「○km/h」など具体的な数値の基準がある場合は、その基準に従いましょう。

画像・動画提供:東京港・湾・河川水上オートバイ安全航行推進プロジェクト(TPSP)

徐行速度

・8km/h程度
(製造者、製造年、機種によって異なりますが、低速モードにおける速度をいいます。)
       【動画】8km/hで航行する水上オートバイ(動画を見るにはここをクリック)≡NEW!≡
※使用している水上オートバイは(製造者:「BRP社」製造年:「2013年」 機種:「GTX」です)

最徐行速度

・3〜5km/h程度(ここで使用している写真は5km/h)
(製造者、製造年、機種によって異なりますが、最低エンジン回転数(アイドリング速力)のスピードで、最も
 引き波が小さい速度をいいます。)
       【動画】5km/hで航行する水上オートバイ(動画を見るにはここをクリック)≡NEW!≡
※使用している水上オートバイは(製造者:「BRP社」製造年:「2013年」 機種:「GTX」です)