SNORKELING

  • ホーム
  • スノーケリング
  • スノーケリングを楽しむ方へ

Activity Guide

スノーケリングとは、水中マスク、スノーケル、フィン(足ヒレ)、ライフジャケットの4点セットを用いて行う水面での活動を言います。
 海でのスノーケリングは様々な海洋生物や地形を観察することができる一方、マスククリアやスノーケルクリアなどの基本的な技能を身に着けていないことでパニックに陥り、危険な状態となる可能性があります。適切な装備を身に着け、ルールやマナーを守って安全にスノーケリングを楽しみましょう。

スノーケリングを楽しむ方へ| ウォーターセーフティガイド

スノーケリングを楽しむ方へ

正しいスノーケリングを知ろう

  • スノーケリングとは、以下の「スノーケリング四点セット」を用い、水面上を漂うようにして移動し、水面下に没することなく水中の様子を観察する活動のことを指します。

    【スノーケリング四点セット】

    • 水中マスク
    • スノーケル
    • フィン(足ヒレ)
    • ライフジャケット(笛付き)

スノーケリング

スノーケリング

スノーケリングハンドブックより

  • スノーケルクリア(スノーケルにたまった水を排出する基本的テクニック)、マスククリア(水中マスクに入った水を排出する基本的テクニック)や正しいフィンワーク(足ひれの使い方)などの基本的な技術を身につけ、楽しみましょう。指導団体認定の指導員による講習を受講することも有効です。
  • スノーケリングをするときには、当日の気象海象を把握しておきましょう。
  • 万が一のため、バディ行動(2人組で活動することをいいます。)やグループ行動など、複数での行動を心がけましょう。
  • スノーケリング中はグループ行動を心がけ、常にグループの人数やお互いの体調を確認しましょう。
  • 機材の不具合やケガなどでスノーケリングができない状態になったときは、ライフジャケットに付いている笛を吹いて、周囲に知らせましょう。
    ※一般的に浮力体を用いずに潜水する行為は「スキンダイビング」に分類されます。スキンダイビングはスノーケリングで十分に経験を積み、海での知識や技術を身に着けることが必要です。
       

初心者のためのスノーケリング安全手帳

初心者のためのスノーケリング安全手帳

クリックするとPDFが開きます。

     

画像提供:(一財)社会スポーツセンター、日本スノーケリング協会
※上記団体の業務は、2022年4月1日より(一財)日本海洋レジャー安全・振興協会に引き継がれました。

    

グループでのスノーケリング中に起きた事故

 事故者は家族とスノーケリングを実施中、スノーケル内に溜まった海水を誤飲したことでパニックに陥り、溺水しました。その状況に気付いた家族や周囲の海水浴客により救助されました。なお、ライフジャケットは着用していませんでした。

更新情報

  • 令和4年9月5日 スノーケリング編を開設しました。