Swimming

溺れた人を見たときの対処法

1 まずは、助けを求めよう!

海水浴場の場合

  • 海水浴場内で溺れた人を見たときは、海水浴場の監視員、ライフセーバーやまわりの人などに助けを求めましょう。

海水浴場以外の場合

  • 緊急通報用電話番号の118番(海上保安庁)、110番(警察)、119番(消防)に救助を求めましょう。この場合、①どのような事故か、②事故の場所、③事故者の人数、④通報者の名前と連絡先が重要です。落ち着いて連絡しましょう。

2 自分の安全を第一に。

  • 溺れた人を助けるために、水に入るのは危険です。まずは自分の安全を確保し、道具を使うなどして助けましょう。
  • ひとりで助けようとするのではなく、まわりの人にも助けを求めましょう。

3 近くにあるものでも救助ができる。

  • 以下のような、身の回りの浮くもの(浮き輪、ペットボトルなど)を溺れた人の近くに投げ入れたり、長いもの(棒など)を差し伸べたりしましょう。通常使用する用途以外でも、緊急時のみ使用する事が可能です。なお、ものを投げ入れる際には、溺れた人に当たらないように気をつけましょう。

    【浮くもの・長いものの例】

    • 浮き輪
    • 棒・板切れ
    • ペットボトル
    • クーラーボックス
    • ロープ(「レスキューロープ」や「スロウロープ」と呼ばれる、水に浮くロープも販売されています)

スロウロープ

注意点

  • (ペットボトル使用時)投げやすくするため少し水を入れ、キャップをしっかり閉める。
  • (クーラーボックス使用時)ふたをしっかり閉める。
  • 「これから投げるよ」と声をかけたり、大きな音を出したりして、溺れている人に気づいてもらうようにする。
  • 溺れている人の手を伸ばして届く範囲に、できれば下手投げで投げ入れる。この際、溺れた人に当たらないように気をつけましょう。

ペットボトルでの救助

  • 近くにAED(自動対外式除細動器)がある場合は、溺れた人が救助されたときのために、すぐ使える状態にしておきましょう。
  • 胸骨圧迫や人工呼吸の知識がある方は、応急手当を手伝うようにしましょう。地域の消防署が主催している、普通救命講習を受講することも有効です。

画像提供:(公財)ブルーシー・アンド・グリーンランド財団、(公財)日本ライフセービング協会、株式会社モンベル