Swimming

身に危険が迫ったと感じたときの対処法

「助けてサイン」でまわりに知らせよう。

  • 遊泳中に、以下のような危険が迫ったと感じたときは、まずは陸に上がるようにしましょう。陸に上がれない場合は、あわてず落ち着いて、浮くものを探しましょう。
    • 急な流れや風に流されたとき
    • 体調の不調を感じたとき
    • 寒さを感じたときや、ふるえがとまらないとき
    • サメや危険生物を発見したとき
    • クラゲなどの生物に刺されたとき
  • 浮くものを確保できたら、「助けてサイン」で、まわりに危険を知らせましょう。
  • 溺れた人や、上記のような危険が迫っている人を見つけた場合も、「助けてサイン」は有効です。グループで泳いでいる場合は、一緒に泳いでいる人の様子を時々気にかけるなど、お互いに注意するようにしましょう。

「助けてサイン」とは

  • 遭難者などが、ライフジャケットや救命具を身につけていたり、浮くものに掴まって十分な浮力を確保した状態で救助を求める合図です。
  • 片手を左右に大きく振る動作で監視塔やライフセーバーなどに向かって行い、救助を求めます。
  • 浮力体に掴まっているときには、流されていても無理に岸に戻ろうとせず、浮力体を絶対に離さないようにしましょう。
  • 浮力体を身につけていない場合は、手や頭を大きく上げただけで水中に沈む危険をともなうため、「助けてサイン」を出すことはやめましょう。
助けてサイン

助けてサイン

「セルフレスキュー」で生き延びよう!

Point

1.手足を大の字に広げる。
2.靴ははいたまま。軽い靴は浮き具代わりに。
3.大きく息を吸い、空気を肺にためる。あごを上げて上を見ると呼吸しやすい。
4.手は水面より下に。ペットボトルなど浮くものがあれば胸に抱える。

  • あわてず落ち着いて、浮くものを探しましょう。
  • ムリに泳がず、浮き具代わりになる衣服や靴などは身に着けたまま、「背浮き」で呼吸を確保しましょう。合言葉は「浮いて待て!」
  • (一社)水難学会が提唱している「浮いて待て」の詳しい情報は⇒コチラ
    ((一社)水難学会HPにリンクしています。)
背浮きの様子

背浮きの様子

参考:川の場合

 川の水は塩分濃度の関係で比重が低く、海水に比べて人は浮きにくいなど、海とは環境が異なります。(公財)河川財団 子どもの水辺サポートセンターが発行している「水辺の安全ハンドブック」などにより、安全に楽しむための情報を確認しましょう。

画像提供:(公財)日本ライフセービング協会、(一社)水難学会