SWIMMING

Activity Guide

 海での遊泳は特別な用具もいらない、身近なウォーターアクティビティのひとつとして、多くの方が楽しんでいます。
 このウォーターセーフティガイド(遊泳編)では、皆様が安全に遊泳を楽しめるように、遊泳中の注意事項や心がけ、万が一溺れてしまったときなどの対処方法を分かりやすくまとめています。
 海での遊泳は楽しいものですが、少なからずリスク(危険)は存在します。リスクに対する身の守り方を知り、安全に遊泳を楽しみましょう。

 2020年の夏は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年であれば、海水浴場として開設されている場所が開設を取りやめるケースが多くみられました。
 開設されていない海水浴場では、以下のような懸念があります。

  • ライフセーバーや監視員等の未配置
  • 遊泳ネットの未配置により、クラゲ、サメをはじめとした危険な海洋生物との遭遇
  • 遊泳区域がブイで示されていないため、海岸地域で水上オートバイその他ウォーターアクティビティと遊泳者が混在 等

 安全に海水浴を楽しむため、事前に海水浴場が存在する地方自治体のホームページ等で公開されている開設されている海水浴場に関する最新情報を入手し、遊泳区域の明示、ライフセーバーや監視員等が配置されている適切な安全管理が行われている海水浴場を選びましょう。
 また、自然海岸等の一般海岸では例年多くの水難事故が起きているため遊泳を行わないようにしましょう。

安全情報

開設されていない海水浴場について

 2020年の夏は新型コロナウイルス感染拡大防止のため、例年であれば、海水浴場として開設されている場所が開設を取りやめるケースが多くみられました。...


海で遊ぶときの注意

 まずは海をよく知ろう、いつどこで泳ぐべきか、海にいる生物の中には危険なものも...


身に危険が迫ったと感じたときの対処法

 「助けてサイン」でまわりに知らせよう、「セルフレスキュー」で生き延びよう!...


溺れた人を見たときの対処法

 まずは助けを求めよう、自分の安全を第一に、近くにあるものでも救助ができる...


スノーケリングを楽しむ方へ

 正しいスノーケリングを知ろう、危ないと思ったときは...


フロートを楽しく遊ぶために

 子どもが海で使用する遊具には、浮き輪やフロートなどがありますが、フロートは風による影響を特に強く受ける遊具です。フロートに乗った子供が陸からの風により沖に向かって...


遊泳の安全対策について、より詳しく知りたい方へ

 溺水の定義、溺水の発生場所、溺水のメカニズム、低体温症(ハイポサーミア)について、離岸流(リップカレント)の見分け方や対処法、リーフカレントとは、セルフレスキューとは...


参考情報(各団体発行の資料・団体へのリンク)

 各団体発行の...


Information

更新情報

  • 令和3年3月31日 「開設されていない海水浴場について」の項目を追加しました。
  • 令和2年7月15日 「フロートで楽しく遊ぶために」の項目を追加しました。
  • 平成30年7月20日 遊泳編を掲載しました。
  • 平成30年7月20日 平成29年における遊泳中の事故発生状況を掲載しました。